潜在意識と顕在意識の両面からアプローチをしていきます。

私たちの意識は、自分が意識している部分の顕在意識と意識していない部分の潜在意識
があります。

自分自身の中に意識している自分と、普段は隠れているもうひとりの自分(頭ではわか
っているけど、何か無意識的にといったような)と、ふたつの心から成り立っています

顕在意識の働きは、思考、理性、計算、決断力など。これに対して、潜在意識の働きは
感情、直感、記憶、想像力などです。

この力関係は、意識している顕在意識は、10%程度に対して、意識していない(意識
し難い)潜在意識は、90%と言われています。

この顕在意識と潜在意識との間には「クリティカルファクター」と言われる境界のよう
な膜があります。
個人差があるのですが、13歳頃までには出来上がると言われています。この膜ができ
ることで、大人になった私たちは自分の潜在意識を守ることができます。

「クリティカルファクター」が出来上がるまでは、その時の周りの環境、親の関わり方
、評価など、良くも悪くも潜在意識に影響があります。

親や周りの人間関係で、肯定的に関わってもらえるとポジティブな認識が定着し、否定
的な関わり方が多いとネガティブな認識が定着するということです。

潜在意識に入ったものの影響は大きいため、顕在意識で前向きな思いを言い聞かせよう
としても、なかなか行動面の変化は難しいのです。

ヒプノセラピー(催眠を使って行っていく療法)は、「クリティカルファクター」の膜
を緩めて、潜在意識にアクセスできる方法の一つです。

催眠状態(軽い催眠状態は、日常でも体験していますので、怖いことではありません)
に入り、潜在意識にアクセスし、すでに入っているマイナスのイメージや感情を癒して
いきます。

次に、潜在意識の癒しだけではなく、顕在意識の思考にもアプローチを行います。

潜在意識の影響が強くても、感情を癒すだけだと、問題解決のために何をすればいいの
かということは、まだ明確ではありません。
ヒプノセラピーでもカウンセリングは行っていきますが、ヒプノセラピーではセッショ
ンを進めていくために必要な情報をお聴きしますので、どうすればいいのかを考えるた
めのカウンセリングではないのです。

そこで『今ここ』で何ができるのかを一緒に考えていくカウンセリングへと入っていき
ます。

カウンセリングのみで、問題点を整理していく場合もあります。

クライエント様のご希望をお聞きしながら、必要に応じて進めて参ります。
この両面からのアプローチが特徴です。

両面からのセッションを行い、人それぞれの持つ良さを活かし、問題点の解消のための
糸口を早くつかんでいく。
個人個人がより生きやすく、その人らしい人生を歩むためのお手伝い、それがシャンテ
ィISA の使命です。