ひつじ 年齢退行療法は、催眠状態に入り、子供のころ小学生の頃に(記憶の中の小学生へと)戻っていきます。催眠状態で、潜在意識に入っている記憶にアクセスしていくと、もうすっかり忘れてしまっていたことも思い浮かんできます。次に問題になった場面に入っていきます。その場面で傷ついた思いを癒したり、言いたいけれど言えなかったことを伝えたり、その場面に応じた方法でセラピーを進めていきます。そして、傷ついた自分の心を癒していきます。心が癒されていくと、止まっていた心の動きに変化が起きるきっかけができると考えられます。そのきっかけを大事にして、一歩前に踏み出していきましょう。

 セラピーは、リラックスしている状態で見ていくため、落ち着いて再体験できます。そこで、自分への癒しと共に、感情が解放へ と向かっていきます。 それが、心の変化へのきっかけとなっていきます。安心していただきたいのは、潜在意識はよくわかっていて、自分にとって良い方向へ向かうために必要な場面しかでてきません。今、時期ではない場合は浮かんできませんので、見たくない過去を無理に見るようなことはありません。ですので、安心してご自身の潜在意識と向き合い、より良い方向への人生へと進めていきましょう。

ご予約、お問い合わせはこちらへ