結婚に向けて、親からの自立は重要なポイントです。

親からの自立には、身辺自立、経済的自立、社会的自立、精神的自立の4つあります。

身辺自立は、身の周りのこと。経済的自立は、生活していくために必要な収入であり、文字通りわかり易いですね。社会的自立は、自分の所属する集団に適応し、他者と人間関係が築けることです。

精神的自立は、計り難く大きな課題です。

「えー、もうこの大人になってお母さーんなんて言わないわよ」というところですが、幼児期にお母さんを求めていた感覚と違って、親の支配からの自立という意味になります。

「支配」という表現は、少し大袈裟な感じもしますが、気付かない間に抜け出せなくなっているのが、難しいところなのです。

昔は、兄弟姉妹も多く親は一人ひとりに構っていられませんでしたが、核家族に変わり兄弟姉妹も少なくなり、子供への期待が大きくなっています。

親は「老後の面倒を見て欲しい」と、自身の希望のために子供には早く結婚をし、子育てを一段落して欲しいと思うものです。

ついつい子供の人生に口を出しをしたくなります。

口出しをしなくても雰囲気で「老後の面倒は見てくれるわよね」と、言葉にしないメッセージを発していたりするもします。

息子なら大人しいお嫁さんがいいでしょうし、娘ならマスオさんになってくれるお婿さんがいいでしょう。

親の希望や言動に左右されず、自分の人生に納得できる選択をすることが精神的自立です。

とても難しいのは、知らず知らずの間に反応してしまうからです。

親と向き合い親の希望なのか、自分の思いなのかをしっかり見極めて、精神的自立を目指しましょう。

親の老後は、親が困らないようにできる限り可能なサポートをするのであって、全面的な介護は難しいです。

親からの精神的自立を学ぶことで、結婚生活も自立し必要な場面では支え合う程よい夫婦の関係性を築いていくことができます。お互いに尊重し折り合いをつけていくと、無理をしないので毎日明るくとても楽しいですよ。