私たちの意識は、自分が意識している部分の顕在意識と意識していない部分(または意識できない部分)の潜在意識があります。つまり、自分自身の中に意識している自分と、普段は隠れているもうひとりの自分とふたつの心から成り立っているのです。
 
顕在意識の働きは、論理、理性、知性、意志、決断力など。これに対して、潜在意識の働きは、感情、感覚、ひらめき、記憶、想像力やポジティブとネガティブの認識などがあります。
 
この時の力関係は、意識している顕在意識は、5%~10%程度に対して、意識していない(意識できない)潜在意識は、90%と言われています。
 
ですので、この潜在意識に自分の望む方向への良いイメージをインプットすることで、あなたの行動面にも影響するということなのです。このように、潜在意識を活性化させ上手く活用することが、自分を思う方向へと導く鍵となります。
 
しかし、この顕在意識と潜在意識との間には「クリティカルファクター」と言われる境界のような膜があるのです。それは、個人差がありますが、8歳~9歳頃から作り始められ、13歳頃には出来上がると言われています。この膜ができるることで、大人になった私たちは自分の潜在意識を守ることができます。
 
「クリティカルファクター」が出来上がるまでは、その時の周りの環境、親の関わり方、評価など、良くも悪くも潜在意識に影響があるのです。例えば、その頃、親や周りの人間関係において肯定的に関わってもらえるとポジティブな認識が定着しますし、否定的な関わりが多いとネガティブな認識が定着するということです。
 
潜在意識に入ったものの影響は大きいため、顕在意識で言い聞かせようとしても、なかなか行動面の変化は難しいことになります。
 
そこで、ヒプノセラピー(催眠を使って行っていくセラピー)ですが、この療法は、先程お伝えしました「クリティカルファクター」の膜を緩めて、潜在意識にアクセスできる方法の一つです。
 
催眠状態(軽い催眠状態は日常で体験していますので、怖いことでも特殊な状態ではありませんので詳しくはこちら)に入り、潜在意識にアクセスし、すでに潜在意識に入っているマイナスのイメージや感情を癒し、そのイメージや認識を切り替えていく方法がヒプノセラピーのなかの年齢退行療法です。(年齢退行療法、詳しくはこちら