1.FAP療法とは

 

FAP療法(Free from Anxiety Progam : 不安からの解放プログラム)は、わが国で1999年にインサイトカウンセリング代表 大嶋信頼氏らにより開発され、2001年に体系づけられた「トラウマさん」を解消する新しい心理療法です。

「トラウマさん」を解消する方法の一つとして開発されたFAP療法ですが、その他、不安や緊張、恐怖症や依存症的な欲求などにも、ご相談者様より、いい方向へと変化が促されたとのお声をちょうだいしております。

「トラウマさん」という程ではなく、日常で「何か気になること」があり、それが頭から離れず目の前のことに集中できないというような場合(固着状態)にも、FAP療法は「トラウマさん」の解消を目指す療法ですので、その他の固着状態にも幅広く適用されています。

「トラウマさん」と聞くと大きな心の傷のイメージがありますが「トラウマさん」には、二つあることがわかってきました。

一つは、皆さんがイメージされるPTSD(心的外傷後ストレス障害)と言われるものです。

事件や大きな災害などの出来事がきっかけとなったストレス経験の持続性です。

逃げることができなかった強いストレス経験で、状況と感情が結びつかず、整理がついていない状態です。その場面が過ぎてもストレス反応が持続し、フラッシュバックと言った症状が現れてきます。

もう一つのトラウマさんは、「これ!」とハッキリとした事件や災害などの出来事があったわけではなく、幼少期に緊張などのストレス環境が持続することで起こるものです。

子供の頃はわかりにくいのですが、大人になり振り返った時、否定的で緊張の高い家庭環境だったなという場合や、親の期待が大きく「やらなければ」と頑張りすぎたなど、それらの影響が大人になっても現れることがわかってきました。

ストレス場面が過ぎた後にその画面が頭に浮かんできてしてしまい、ずっと気になってしまったり、人よりも不安や緊張が高くストレスを感じやすい傾向が出てきます。

例えば

〇不安や緊張、ストレスを受けやすい。

〇人に馴染みにくい。

〇ちょっとしたことで緊張しちゃって、その場が過ぎてもリラックスできない。

〇自分に自信が持てず、自分を責めたり、自分を否定してしまう。

〇過ぎてしまったことなのに、ずっと頭から離れない。

〇やる気がおきない。など

誰でも多かれ少なかれあるものなので、こんなものだと思いがちですが、「気になること」を手放すと、心軽やかに前向きに人生を生きることへの期待が持てるようになります。

では、具体的にどのような療法なのでしょうか。

 

2.指のツボを押さえる方法

 

FAP療法は年々、バージョンアップされていますが、一番初期の方法がこの「指のツボを押さえる」という方法です。
これは、EMDRやTFTなどのエナジー心理療法と呼ばれるものの一つです。

相談者様が抱えている問題の情報(感情や身体反応)をセラピスト自身が指の反応で感じ取り、その情報をもとに相談者様に指のツボを押さえてもらうことで、緊張を緩和し、解離していた記憶と感情を統合させていくといった方法です。

感情と臓器は密接に関係しています。例えば、怒りを感じているとシクシク胃が痛んだり、食欲が低下したり、不安を感じていると下痢の症状が現れたりと言った経験は皆さんにもおありだと思います。

臓器と指は中国医学で言うところの経絡で繋がっており、指に刺激を与えることで臓器の痛みなどの症状とそれに関連する感情を和らげることができます。

また、人間の脳にはミラーニューロンという、他人の行動を見て、自分自身があたかも同じ行動をとっているかのように反応する脳神経細胞の働きがあります。

例えば、他人が緊張していると自分にも移るという経験が分かりやすい例です。このミラーニューロンによって、相談者様の身体反応をセラピス側にも伝わるという原理の元、検索していきます。この流れを説明すると以下のようになります。

相談者様が問題を思い浮かべて言語化してみる
       ⇓

相談者様の身体反応が起きる(気になることを言葉にすると、肩が張る、胃が圧迫される感じなど個々により、様々な感覚があります)
       ⇓
ミラーニューロンを介してセラピストの指の反応で感じ取り、問題と感情に関係するであろう経絡の指を特定する
       ⇓
相談者様に感情に関係する指のツボをセラピストと一緒に押さえてもらう
       ⇓
感情による緊張が緩和され、解離していた記憶と感情が統合される

また、セラピストが相談者様と一緒にツボを押さえ共有することで共感が深まり癒しとなって、相談者様の固着された概念からの解放が進んでいきます。

「指を押さえる方法」は、自分でも行え、ご興味のおありの方は、書籍や講座で学ぶことができます。

著者 大嶋信頼先生「本当の私よこんにちは」で、FAP療法の自分でできる「指を押す方法」が詳しく紹介されています。書籍から学ぶこともできますし、株式会社インサイトカウンセリングさんでは、FAP療法初級講座が毎年開催され、その講座で学ぶことができます) 

 

3.心に聞く (ver.χ)

 

FAP療法では、「心に聞く」という方法があります。

日常でも「心の声」を聞きながら過ごしていくと、自分で選択したという実感が持て、充実した人生になるはずです。

「心の声」とは。

私達には、「意識」と「無意識」があります。

「無意識」と関係の深い『心よ』というフレーズを使うことで簡易的な催眠状態に入り、ご自身の「無意識」とつながることで、本来の「心の声」である良い悪いをジャッジしない言葉とつながり、その感覚を感じ取っていくというものです。

「無意識」は、怪しいものではなく生命維持のための働きである「本能」「感性」「感覚」などです。

よく考えてみると私たちは「無意識」に支えられています。例えば、何か食べ物を食べた時、何も考えることなく消化を任せていますよね。歩く時は、右足を何㎝出して、左足を何㎝出してと考えることなく移動することができます。素晴らしい無意識のなせる技です。

一方、「意識」とは、親の価値観であったり、社会の規則や常識など学習することで身についた知識や判断する働きです。こちらの方は「無意識」よりも馴染みがあると思います。

「良い、悪い」を判断したり「やらなければならない」など、私たちを規制することは、現実社会で生きていくために必要な働きでもあります。どちらが良い悪いというものではありませんが、この考えに捉われてしまうと、とっても疲れやすく、生き辛い人生になってしまいます。

双方のバランスが重要で、無意識が感じていること求めていることを可能な状況のもとで折り合いをつけながら満たしてあげる必要があります。

私たちは「こうあるべき」と常識などの規制に縛られて、本当の自分が感じている「感覚」を無視しちゃって満たしていない傾向があります。

『心よ』とタグをつけて問いかけることで「良い、悪い」を判断してしまう意識した心の奥にある「無意識の本来の心の声」とつながっていくことができるようになっていきます。

問いかけ方や問いかけ時のコツはこちら

「心よ」と問いかけて、心に聞きながら日常を過ごしていくと、悩みや問題点にぶつかった時、ちゃんと答えを導き出してくれるんです。日常から「心よ」と「無意識」につながり、問いかける習慣が身についているといいですね。

 

4.トラウマさんの解消 (ver.14)

 

トラウマさんの解消といっても、辛い過去を思い出す必要はありません。過去に傷ついた心の原因となったものを遮断していく方法です。それによって、現在ストレスになっているできごとや人からの影響があればスルーできるようになっていきます。

【具体的な方法】

初回のインテーク面接で、FAP療法をおこなっていくために必要な情報をお伺いしていきます。そのために、現在気になっている問題点だけではなく、幼少期の頃からの親御さんとの関係性等もお伺いしていきます。

今までの人生の流れをお伺いしながら、少しずつ問題のきっかけとなるキーワード(コード)を探していきます。カウンセラーは、キーワードを探すために先程の「心に聞く」という方法を使っていきます。

ここまでが準備段階です。キーワードを見つけてからFAP療法(ver.14)に入ることができます。

実際には、FAP療法でカウンセラーは、脳の共感反応(ミラーニューロン)を利用し、別のコード(ノイズのようなイメージ)を唱えますので、BGMのように聞き流していただくだけです。

ご自身が唱えていただくコード(ノイズ)と、カウンセラーが共感反応で唱えるコード(ノイズ)が、ノイズキャンセリングヘッドホンの仕組みのように、ノイズ(ネガティブな感情)が打ち消されていく画期的な療法です。

5.遺伝子コード (ver.α)

 

心理学的にも遺伝子コードのオン・オフがあるということは分かってきています。以前、NHKスペシャルで紹介されていました。

【その内容は】

遺伝子には、身体の各部分、目、耳、血液、心臓、肺、脳など体を作るための設計図が示されています。それ以外にも持久力、病気の予防、若返り、記憶力アップさせたりと様々な情報が書き込まれています。

その設計図が、どの程度読み取られるかによって、体質や才能などが決まります。

その設計図の読み取りをコントロ-ルするのが、変えられない2%の遺伝子以外の98%だそうです。

98%の遺伝子にはオン・オフがあり能力が発揮できるのは、このオン・オフに関係していることが分かっているのだそうです。

この遺伝子スイッチは、2万個以上もあると考えられます。病気の予防のスイッチはオンの方がいいですが、オフの遺伝子の方が良い場合もあります。

常にちょっとしたことで不安を感じてしまうとか、ストレスを感じると食べてしまう習慣などの遺伝子はオフの方がいいと思います。

遺伝子は「生き方を変える」ことで変わることが分かってきましたが、生き方を変えるというのは、なかなか変えられるものではありません。

そこで、特徴的に反応している不具合の原因となっている遺伝子コードを元に戻す、リセットするという意味で、還元という言葉を添えて7回唱えます。「○○(改善したい今の状態に合った遺伝子コード)の還元×7回」

「還元」と言う言葉を用いて唱えていく方法は、FAP療法の開発者、大嶋先生が発見されました。

自分の考え方や捉え方の癖ってなかなか変えられないものですが、それを遺伝子コードのオン・オフで調整していくというものです。

遺伝子コードをオフにする暗示を(〇〇(遺伝子コード)の還元を7回ワンセット)唱えることで、なりたい自分に早く近づいていくことが可能になっていきます。「ええー、そんなことで」と思われると思いますが、これも後でご紹介するナラティブ・アプローチの外在化の一つです。

その方の状態に合った遺伝子コードを見つけ、毎日いつでもどこでも構いませんので、唱えていただきます。声に出しても心の中でもどちらでも構いませんので、外出していても唱えることができます。

始めは2週間を目処に楽になっていくとその遺伝子コードが合っているということですので、更に1ヶ月程唱えていただきオフということをしっかりインプットしていきます。あまり変化がない場合や合ってない場合は、感覚的にわかってきますので、別のコードを探していきます。

(ご興味がおありの方は、その方に合った遺伝子コードを探していきますので、カウンセリング時にお尋ねください)

6.FAP療法を理解するための理論について

 

FAP療法のやり方と概要は以上の通りですが、臨床心理学上の理論では、ナラティヴ・アプローチの「外在化」や「ミラーニューロン」と非常に関連があります。

ナラティヴ(物語)アプローチ:

「ナラティヴ・アプローチ」とは、新たな自己物語を作り出していく技法です。これは、「言葉が世界を形づくる」「言葉が先にあって、その言葉が示すような形で世界が経験されている」という社会構成主義の考えから来ています。

言葉が私達の生きる世界を形づくる(社会構成主義の考え)という理論から、個人が語る言葉の内容が変われば自己の世界も変わっていくというものです。書き換えられた新たな自己への物語は「オルタナティヴ・ストーリー」と呼ばれています。

ナラティヴ(物語)アプローチの外在化:

「私はダメだ」という問題の内在化から「自分のせいではない」と、問題を本人から切り離していく技法です。「外在化」することで問題を当事者から切り離し、距離を置いて見ることができます。問題(症状)を客観的に見ていくということです。

例えば、遺伝子コードをオフにするという場合、「トラウマさんやストレスがきっかけで、特徴的な遺伝子のスイッチがオンになっているならオフにしていきましょう」と、外在化を行うことにより非常に客観的に問題(症状)と向き合っていくことができると思います。

さらにシンプルに呪文のような言葉を唱えることでその遺伝子のスイッチがオフになり、不快な症状が緩和され、解放されていく新たな物語(オルタナティヴ・ストーリー)が生まれるというものです。

(遺伝子コードは、自分のせいにせず外在化していくのに適した考え方ですが、本来のナラティヴ・アプローチの概念ではありません。FAP療法の捉え方がナラティブ・アプローチに非常に似ているというものです)

問題は何とかしようとすればするほど、強化されていきますので、いかに客観的に見ていくのかがポイントになります。

ミラーニューロン:

相手の行動を見て、自分自身までも同じ行動を取っているかのように反応するという人間の脳内の神経細胞の一つの働きです。ジアコーモ・リッツォラッティ博士らによって、1996年に発見されました。

ミラーニューロンも外在化していくための一つの考え方です。

緊張している人が近くにいると自分も緊張を感じるといった経験はあると思います。自分の感覚だと思っていた感覚が、実は他者の感覚をミラーニューロンで感じるということができるのです。

FAP療法は、この脳の共感反応(ミラーニューロン)を利用して行っていきます。

         ま と め

1.FAP療法(Free from Anxiety Progam : 不安からの解放プログラム)は、大嶋信頼氏らにより開発された「トラウマさん」を解消する心理療法である。

2.開発当初は「指を押す方法」から始まり、その後バージョンアップされ「過去のイメージを変える」「遺伝子コードを唱える」「心に聞く」「ノイズキャンセリング的にトラウマさんを解消する」などの方法が加わった。    

3.臨床心理学上の理論では、ナラティヴ・アプローチの「外在化」や「ミラーニューロン」と非常に関連がある療法である。