これからの時代のキーワードは「こひしたふわよ」と、知る人ぞ知る、スピリチュアルカウンセラーの並木良和さんが仰っているお言葉です。

どういう意味かをお伝えすると

こ・・・心地良い
ひ・・・惹かれる
し・・・しっくりくる
た・・・楽しい
ふ・・・腑に落ちる
わ・・・ワクワクする
よ・・・喜びを感じる

こんな風に仕事も人間関係も婚活もできれば、人生楽しいですよね。

「そんなこと無理でしょう」って思っていませんか?

これは、親から入れられた暗示のように思います。昭和の時代は努力しなければならない時代でした。その世代の親は(私の親がそうです)、「苦労と努力をして成し遂げる」「働かざるもの食うべからず」などが口癖でもありました。

結婚もどちらかが我慢をして、成り立つものであるということを教えられました。母は父と結婚して上手くいかないので、子供ができれば「子はかすがい」で上手くいくだろうと思い、私を産んだけど上手くいかなかったと、よく愚痴っていました。

そんな話を聞いていると、結婚は苦労するものと思い込んでも不思議ではありませんよね。これは単なる暗示と捉えてみてはいかがでしょう。

今は、何でも便利な時代です。YouTubeでドンドン配信して、有名になった方は沢山います。自分のやりたいことを見つけて楽しんで取り組んだ者勝ち!といったイメージもありますよね。実際に楽しいことを楽しくやり続けて上手くいったという話はよく耳にします。

仕事は、生活のためにお金を稼ぐという必要がありますので、すぐにやりたいことが見つからない場合は、目の前の仕事に集中してやりたいことが見つかった時のために資金を貯めておきましょうね。

結婚から仕事の話に逸れてしまいましたが、結婚も仕事も、今は「苦労と努力」をして成し遂げるというよりも「こひしたふわよ」で、楽しんでワクワク波動を上げて気がつくと「何だか、いい感じ。上手くいきそう」という時代のように思います。

特に結婚は我慢するものというはイメージを持っている方は、これは単なる「暗示ーー」と気楽に捉えた方がいいように思います。

まずは、日常の中で「こひしたふわよ」のキーワードに従って選択するようにしてみます。自分にとって「快・不快」で選択するというわけです。

「快」を選んで「不快」なことは、迷惑にならないことからお断りしていきます。どんどん「不快」なことを止めていくと「快」である自分が嬉しいこと、ワクワクすることが見えていきます。

そんな楽しい感覚で結婚を見ていくと、とっても楽しいものですよ。

今の私は、親が結婚に対するネガティブなイメージを持っていたものに引っ張られることなく、楽しく結婚生活を過ごしています。

結婚は苦労するものだとということは、単なる親からの暗示・イメージであったことを実感しています。

==================================================

シャンティISAでは『FAP療法で自分の感覚を取り戻し、生きやすい人生!』を目指すと共に婚活のサポートをさせて頂いております。自分の感覚だと思っていても、親(母親)の支配や影響を受け、親の思いや感覚を自分の感覚だと感じている場合があります。親の影響から自分の感覚を取り戻し、自分らしく自分軸で人生を歩むお手伝いを致します。

【 FAP療法 】   詳しくはこちら

婚活が時期ではない方も「自分らしく人生を生きる」ためのサポートをさせて頂いております。お気軽にお問い合わせください。

          お問い合わせはこちら