【FAP療法で自分の感覚を取り戻し、生きやすい人生と共に結婚を!】

先月、主人と共にネパール旅行に行ってきたのですが、その旅行から幸せの本質を実感してきました。

ネパール旅行の初日は、お釈迦様の生誕の地ルンビニのティラウラコット・カピラヴァストゥ城の城跡に行ってきました。

次の日は、ルンビニ園です。ルンビニ園は、仏典によるとお釈迦様が誕生された時の伝説の地です。お釈迦様の母親マーヤー夫人がお産のために里帰りする途中、休むために寄った場所です。

その時、マーヤー夫人が菩提樹の樹につかまっていると、夫人の脇の下よりお釈迦様が姿を現したと伝えられています。お釈迦様は、この世に誕生しすぐに七歩、歩いて右手で天空を指し左手で大地を指して「天上天下唯我独尊」と声に出したと言い伝えられています。

「唯我独尊」とは、直訳すると「この世で、自分だけが尊い」と言う自惚れを意味するのですが、自分だけが一番偉くて他人を見下すことではありません。「私もあなたも尊い」という意味で「この世の全ての人が尊い」ということです。

自分が尊いと思うと自惚れだと思いますが、心の中だけでは自惚れてみるのもいいかもしれません。日本の文化は謙遜が強い文化ですので、自惚れる位がバランスが取れるようにも思います。

自分のことがこの世で尊いということに気付くと、他者のことも同じように尊いことが実感できるものです。そこには争いが起きるはずなどありません。

お互いに尊重するというのは、人間関係において必須です。この基本を忘れずにいると、仕事も婚活も全て上手くいきますよ。

自分を大切にしていますから、相手がどう思うのかを考える必要がなく、自分の思いや考えを自然に表現し伝えることができます。自分の考えを肯定的に話す方は、とても好印象ですよね。

自分を尊ぶと相手も尊いことが実感されて相手のお話も肯定的に聞くことができます。仕事でも結婚されてからも自分と共にパートナーのことを尊重できるわけですから、温かく明るい人間関係が築けます。

唯我独尊って、とても素敵だと思います。

日頃「私なんて」と卑下しがちな方は、「唯我独尊」を自己暗示していきますが、「自分は尊い」と自己暗示すると、意識が働いて子供の頃からの考え方の癖が出てきます。無理に暗示しても却って「私は、ダメ」とか「私は、大したことがない」と、今までの根強い自己暗示が反応してしまいます。

そこで、FAP療法の大嶋信頼氏の自己暗示が必見です。「唯我独尊の喜び」です。これだと、自分という表現を使っていませんので、自分の実績は一切関係ありません。「私は、どうせダメ」という反応を防ぐことができます。

ただただ「唯我独尊の喜び」と7回をワンセット、日に何回でも思いついた時に心の中で唱えてみて下さい。

私は、この暗示を日頃から唱えることが多かったので、ルンビニ園に行った時、私自身と全ての人が尊い「唯我独尊」を実感し感動で涙が溢れてきました。

自分を大切に尊ぶことは、人間関係を豊かにしますね。

==================================================

シャンティISAでは『心軽やかに、人生を楽しむ!』ことを目指して婚活のサポートをさせて頂いております。自分の感覚だと思っていても親や他者の影響を受け、本来の自分の感覚を見失っている場合があります。周りの影響から自由になり「自分らしく人生を楽しむ!」お手伝いをさせていただきます。

【 FAP療法 】   詳しくはこちら

婚活が必要ではない方も、お気軽にお問い合わせください。

          お問い合わせはこちら