私達夫婦は、結婚18年目ですが、今でも仲良く毎日楽しく過ごしていますよ。昔は、結婚は人生の墓場なんて言葉もありましたが「ええー、それは誰が言い出したの?」と、今では不思議なくらいです。

とは言っても、私の両親は不仲で離婚もしていますので、墓場の感覚もよくわかります。

現在お付き合いをされていて、結婚を考えているカップルが仲良くて結婚してからも笑って過ごせたら、そこは天国ですよね。

不仲な両親のもと「この世は地獄かぁ」という幼少期を過ごしたので、家庭が円満かどうかは天国なのか地獄なのかという位左右します。

不仲な両親と仲の良い自分達と何が違うのかを考えた時、自然と見えてきたことがあります。

お互いが分離していて、お互いに尊重できるかどうかということです。

私達夫婦は、ホットヨーガに通っています。通い始めは、同じプログラムに参加していましたが、慣れてきたらお互いの好みが違っていました。

好みというのは、強度の好みです。いい汗をかくということは変わらないのですが、強度が強めで「だぁーーー」と汗をかきたい主人に対して、私は「じわーっ」と汗をかきたいので緩めのプログラムが好みです。

今では、別々の時間帯のプログラムに参加しています。

カウンセリングで一番大切にしている、相手の方と自分の感覚は違うということを認識し、相手の意向や思いを尊重する。どのような人間関係においても共通することなんだなと、つくづく実感しています。

この感覚を実感するためには、自分に対して肯定的であることが必須なんです。

自分に対して肯定的に思えたら、相手を尊重することができるんですよね。まずは、自分からなのです。

私は、先程も少し触れましたが、幼少期は緊張の高い家庭で育ち、母も私に対してダメ出ししかしませんでしたので、自己肯定感が非常に低かったです。

自己肯定感が低いので、他者との人間関係も非常にぎくしゃくして自分らしくいられませんでした。

「常に自分が悪い」と責め続けていました。これは「トラウマさん」状態なんです。「トラウマさん」の解消にはFAP療法が最適です。   FAP療法、ご興味おありの方はこちら

FAP療法では、問題を外在化します。症状などの状態だけを捉え、その原因に性格が弱いからなど自分が悪いというのはないのです。

問題を外在化するので、本来の自分の感覚を取り戻すことができ、否定的な母親も尊重することができるようになりました。

夫婦関係もお互い尊重することで仲良くなれて、そこには天国が広がりますよ。

仲良し夫婦が広がっていくといいなぁという思いで、シャンティISAでは婚活のサポートを行っております。

==================================================

【 FAP療法 】   詳しくはこちら

【婚活カウンセリング】

自分に合ったパートナーを探す活動をしていると不安や焦りなどから、疲れちゃったなぁという時も出てきます。そんな時は、自分の感覚を見失っている時でもあります。一息ついて自分の心を癒し、次に進むお手伝いを致します。

婚活カウンセリングのお申込み、お問い合わせは こちら

==================================================

LINE@で、パーティーなどのイベント情報・婚活に即役立つセミナー情報・皆さんとワイワイおしゃべりして、婚活のストレス解消やエネルギーの充電お茶会などの情報をお送りしています。 お友だち追加お待ちしております。  

 LINE@ shanti-isa

友だち追加