【FAP療法で、自分の感覚を取り戻し生きやすい人生と共に結婚を!】

毎年、どこに出かけるにも混雑しているゴールデンウイークですが、今年はお出かけは自粛ですので、食材のお買い物以外は自宅にいらっしゃると思います。

私は、もともと自宅にいるのはストレスにならないタイプですので、自宅にいて料理したりケーキを焼いたりと楽しんでいます。夫婦の関係性がいいので、のんびりケーキでも作って楽しんでいますが、関係性が悪くぎくしゃくしていると、超ストレスになってしまいますよね。

そこで、自宅にいる機会をストレスなく家族や夫婦の関係性が良くなるポイントのご紹介です。

家族の状態を見るだけですので、超簡単です。

家族(親子、夫婦)で、ずっと家にいてイライラすることってありますよね。非常に距離感が近いからなのですが、距離を置こうと思っても出かけることもできず、ご自分のお部屋があればいいのですが、一人でゆっくり自由にできるお部屋がないと、一緒にいながら心の距離が必要になっていきます。

心の距離と言っても「イライラ」したりして、その感覚がずっと頭から離れなくなると「どうにもこうにも」といった感じですよね。

このイライラを一旦、「外在化」(問題を外に出す)しちゃいます。つまり、イライラちゃう自分が悪いわけでもなく、イライラさせる家族が悪いわけでもなく、「発作」が起きている状態なだけなんです。

この「発作」とは、けいれんの発作ではなく、FAP療法では、日常でよくある脳の電気発作に注目しています。  

私達の脳は、軟らかいタンパク質のかたまりです。このタンパク質のかたまりは1千億個以上の神経細胞でできており「軸索」というケーブルで無数のネットワークをつくっているそうです。脳の働きは電気活動で行われているため、脳には、電気が流れているということはよく知られていると思います。

その電気は、静かに流れているといいのですが、ストレスなどの刺激で脳に帯電しちゃうんです。そこに限界を超える刺激があると「ビビビッ」といった感じで、電流を放出しちゃうことがあります。その状態が「発作」なんです。

自宅にいる時点で、ストレスになっていますので、ほんの少し家族が嫌味なことでも言うと「カッチン」ときて頭の中の電気が「ビビビーッ」と、さらに「カアーッ」となるわけです。相手も「発作」が起きて、嫌味なことを言ってしまうので、「あーー発作だぁ、発作が起きてるんだぁ」と「発作」の所為にしちゃいます。

「発作」だと気づけると、自分の所為にも相手の所為にもしなくて済むので、不思議と落ち着いていきます。

その発作には、相手が羨ましく思える「嫉妬の発作」、批判的にダメ出ししたくなる「攻撃的な発作」、すごーいすごーいと、バカにされたような気になってしまう「不自然に褒める発作」、弱い立場だからやってくれても当たり前といった「退行(子供返り)発作」などがあります。

発作が起きると「カァーッ」となるので、突然怒りだしたり無視したりしちゃいます。発作が起きている時は気づかないので、逆に攻撃的になっていたり、口を利きたくなくなった時は「発作」が起きたかなぁと思うといいです。

忙しくお仕事されていた方は、自宅でゆっくりできる時間ですので、「発作」の所為にしちゃってストレスなくお過ごし下さいね。

==================================================

シャンティISAでは『FAP療法で自分の感覚を取り戻し、生きやすい人生!』を目指すと共に婚活のサポートをさせて頂いております。自分の感覚だと思っていても、親(母親)の支配や影響を受け、親の思いや感覚を自分の感覚だと感じている場合があります。親の影響から自分の感覚を取り戻し、自分らしく自分軸で人生を歩むお手伝いを致します。

【 FAP療法 】   詳しくはこちら

婚活が時期ではない方も「自分らしく人生を生きる」ためのサポートをさせて頂いております。お気軽にお問い合わせください。

          お問い合わせはこちら