婚活していく時、母親との関係性で程よく距離が取れているかが重要なポイントですね。

程よく距離が取れているというのは、母親とは合わないから縁を切ってしまうのではなく、母親の言葉に支配されて振り回されるのでもない、自分の人生を楽しむことを中心に選択している。

そんな人生だと「自分の人生を生きてるぅぅー」と実感できて、いいですね。

「自分が楽しむために」という言葉に抵抗を感じる方は、親の支配の影響が強いのかもしれません。

自分が幸せになるために人生があるので、親には感謝して振り回されず自分の人生を選択している。そう思える時は、母親とも程よく距離が取れているのではないでしょうか。

この親子関係が、逆転しているケースがあるんです。

幼少期には、母親は身の周りの世話をしてくれて親の役割を果たしてくれているのですが、成長する過程で母親の愚痴を聞いたり(特に、父親に関しての)、母親に気を遣ったりして、子どもの方が親を支えていかなければと思った場合、逆転した親子関係なんです。

逆転してしまうと共依存関係となり、母親を助けることが娘の人生になってしまいます。自分の人生を生きようと思っても、自分で決めることを抑えて生きてきたので、自分の感覚も分からなくなり、常に人に合わせる人生になります。他者との人間関係を築いていくのも苦手です。

これは、私自身のことなんですが・・・

何となく「そんな感じかなぁ」と思われたなら、母親との距離間が大事なんだなぁと意識してみて下さい。

いつも母親の依頼を受けて、サポートしているのなら、何回に1回はお断りしていきます。両親が高齢になり、体調に変化が現れた場合、基本は夫婦で助け合うことですので、父親に任せます。

いつも、娘がサポートしていると親は「娘がすぐに飛んで来てくれる」と思い、来て欲しいという思いから無意識的な反応で、体調も悪くなってしまいます。

自分達夫婦でやっていくと思うと、仲があまり良くない夫婦でも何とかなるものです。

自分をしっかり持って、親の依頼を少しずつ断って下さいね。「親の愚痴は、聞いて解決しない」がポイントです。娘は、親の(特に母親)言動に左右され、解決しなきゃと思いがちですが、自分のことではないのですから、解決は不可能なんです。

親の依頼を断り、罪悪感が出てきたら、逆に「私、自分の人生を生き始めたのね」と、褒めてあげて下さい。自分の人生を自分の感覚で決めるようになっていくと、婚活も上手くいくという訳で繋がっているんです。

自分の感覚がハッキリしてくるので、自信も湧いてきて、姿勢も良くなっていきます。感覚がハッキリしてくると、自分に合っている男性なのかどうか直感が働きます。

婚活では、この直感が必要です。直感力を身に付けるためにも、自分の感覚を優先して、自分が楽しいと感じることを選択していきます。つまり、不快なことは止めるか限りなく減らして、快で生きると言うことです。

自分の人生を快で選択して生きるようになると、エネルギーも湧いてきて、真に親に感謝できるようになっていきます。親に合わせた人生だと、親を恨んじゃいます。

親の期待に応えて疲れてしまうのも、結果的には自分の責任ですので、どうせなら自分の人生を自分で選択して生きていると実感できる方が、断然楽しいです。

選択するポイントは「こひしたふわよ」です。

スピリチュアルカウンセラーの並木良和氏によると、これからの時代は「こひしたふわよ」の感覚で、人生を選択し生きて行くと上手くいくという「キーワード」を伝えています。

「こひしたふわよ」の意味は

こ・・・心地良い
ひ・・・惹かれる
し・・・しっくりくる
た・・・楽しい
ふ・・・腑に落ちる
わ・・・ワクワクする
よ・・・喜びを感じる

といった感覚で、仕事も婚活も人間関係(親子関係)も選択していくといういうことです。私も「こひしたふわよ」で選択する人生に変わり、毎日ワクワク楽しんでいます。

なかなか、この選択が難しい方は、お疲れだと思いますので、そんな時はFAP療法で癒されて下さいね。(^^)

==================================================

シャンティISAでは『心軽やかに、人生を楽しむ!』ことを目指して婚活のサポートをさせて頂いております。自分の感覚だと思っていても親や他者の影響を受け、本来の自分の感覚を見失っている場合があります。周りの影響から自由になり「自分らしく人生を楽しむ!」お手伝いをさせていただきます。

【 FAP療法 】   詳しくはこちら

婚活が必要ではない方も、お気軽にお問い合わせください。

          お問い合わせはこちら