私たちの意識は、自分が意識している部分の顕在意識と意識していない部分の潜在意識があります。自分自身の中に意識している自分と、普段は隠れているもうひとりの自分とふたつの心から成り立っています。
顕在意識の働きは、思考、理性、計算、決断力など。これに対して、潜在意識の働きは、感情、直感、記憶、想像力などです。

この力関係は、意識している顕在意識は、10%程度に対して、意識していない(意識し難い)潜在意識は、90%と言われています。
この顕在意識と潜在意識との間には「クリティカルファクター」と言われる境界のような膜があります。個人差があるのですが、13歳頃には出来上がると言われています。この膜ができることで、大人になった私たちは自分の潜在意識を守ることができます。

「クリティカルファクター」が出来上がるまでは、その時の周りの環境、親の関わり方、評価など、良くも悪くも潜在意識に影響があります。

親が子供のためにと思って言ったことに子供は縛られてしまったり、親の何気ない言葉に子供は傷ついてしまったりといった場合があります。 潜在意識と顕在意識の力関係は90:10といわれますので、潜在意識にすでに入っているイメージは強く影響を受けます。

親や周りの人間関係で、肯定的に関わってもらえるとポジティブな認識が定着し、前向きに考える力が身に付くのですが、否定的な関わり方が多いとどうしてもネガティブな認識が定着してしまいます。 
潜在意識に入ったものの影響は大きいため、顕在意識で前向きな思いを言い聞かせようとしても、なかなか行動面の変化は難しいのです。

ヒプノセラピー(催眠を使って行っていく療法)は、「クリティカルファクター」の膜を緩めて、潜在意識にアクセスできる方法の一つです。
催眠状態(軽い催眠状態は、日常でも体験していますので、怖いことではありません。詳しくはこちら)に入り、潜在意識にアクセスし、すでに入っているマイナスのイメージや感情を癒していきます。
ヒプノセラピーは催眠を使って行っていくセラピーです。 ヒプノ(催眠)は、潜在意識と顕在意識との境界を緩め潜在意識にアクセスできる方法の一つです。催眠状態に入り、潜在意識にアクセスをして、潜在意識に入っているマイナスのイメージや感情を癒していく方法がヒプノセラピーです。

 

年齢退行療法

 年齢退行療法では、主に子供の頃の幼少期まで遡っていきます。そして、今抱えている問題や悩みの原因と考えられる場面を探し出し、その時に傷ついた感情を癒していきます。リラックスしている状態で見ていくため、落ち着いて再体験できます。そこで、自分への癒しと共に、感情が解放へと向かっていきます。

  → 詳しくはこちら

前世療法

 今抱えている問題や悩みの原因と考えられる場面を前世まで遡っていく療法です。今この現在の自分の人生の意味を知りたい時、今の人間関係の意味を知りたい時などは前世を見ていきます。 前世の「有・無」をどう考えるかは人それぞれです。例えイメージであってもその浮かんできたことがヒントになり、良い方向へ導いてくれる気づきと癒しを与えてくれるのが前世療法です。

  → 詳しくはこちら

サブパーソナリティ療法

 サブパーソナリティーセラピーは、ゲシュタルト療法のエンプティーチェアという技法をヒプノセラピー へ応用したものです。人はそれぞれの場面や状況に応じて、様々な側面を持ち合わせています。それをサブパーソナル(副人格)と呼びます。催眠状態に入り、その中のネガティブな自分を別人格として呼び出して対話していく療法です。

  → 詳しくはこちら

GIFT法 (ゴール・イメージ・フォーカシング・テクニック)

 GIFT(ゴール・イメージ・フォーカシング・テクニック)は、催眠状態に入り潜在意識へとアクセスし、潜在意識の中に目的と目標のイメージをしっかり入れていく方法です。過去を癒すセラピーと違い、未来への目標実現に向けてのセラピーです。潜在意識に願望がすでに実現されているイメージを定着させていくものです。

  → 詳しくはこちら

 なお、サブパーソナリティーセラピーとGIFT法(ゴール・イメージ・フォーカシング・テクニック)のセッションは初回では難しい場合もございます。ヒプノセラピーをご理解いただき、慣れていただいた2回目以降であるか、初回の場合は年齢退行療法・前世療法との組み合わせであれば可能な場合もございます。どの方法が良いかその方の問題点と状況や状態を充分にお伺いし、ご相談をして納得していただいた上で進めさせていただきます。

セラピーの流れ → 詳しくはこちら

 

このような方へ

〇何かわからいけど、不安を感じている
〇気持ちが、もやもやしている
〇何からやればいいのか、わからない
〇自分は、どうしたのかがわからない
〇やる気が起きない
〇どうも空回りして、上手くいかないなど

 私たちは時に、わかっていてもなかなか切り替えられない場合があります。そんな期は、脳が常に緊張しており非常に疲れている状態です。このような時は、前向きに考えられる脳の状態ではないのです。

 人は本来、ある程度の不安を抱えながら生きているものですが、その不安がどうも人より強いと感じている方、何に対して不安なのかわからない、理由もなく不安を感じてしまう。

常に緊張が高く、それほど緊張しなくてもいいのではないか?と思われる場面においても非常に緊張してしまう方は、前向きに考えられる脳の状態ではないので、まずはリラックスが必要です。

 失敗は誰でもあり、また失敗することで次にどうすれば良いのかを考える成長の過程でもあります。どうすればいいかを考える気持ちになれず失敗したことをずっと引きずってしまい、なかなか次に進めないでいたり、ネガティブに考えないようにしようと思っても、なかなか切り替えられず何に対してもネガティブに考えてしまうなど 、そんな時はリラックスできるヒプノセラピーで、まずは脳を一旦休ませることが有効です。 ヒプノセラピーで脳と心の疲れを解消して、カウンセリングでは現実としっかり向き合いどうすれば良いかをご一緒に考えていきましょう。

脳と心が疲れているなとお感じになられる方は、ヒプノセラピーでまったりと一度リラックスされてみませんか?そして、癒しのもとでエネルギー補給をしてみませんか?

ご予約、お問い合わせはこちら