【FAP療法で自分の感覚を取り戻し、生きやすい人生と共に結婚を!】

久しぶりのブログになってしまいました。11月中旬に母が急変し他界したためでした。

先月までは、喧嘩するぐらい元気でしたので、入院1日半でご先祖様からお迎えが来た時には、驚きのため頭が追い付かない感覚でした。

施設より入院の連絡を頂いた時には、「1週間程の入院だと思いますよ」と言った状況からの急変でしたので、命のことはほんと予測がつきませんね。

もちろんとっても寂しいのですが、私は魂や輪廻転生を信じるタイプですので、また違った状況や関係性で母の魂と出会えると思っています。

母の存在がいない今、私は娘ではなくなりましたので、お葬式は母娘の卒業式でもあったのかなと涙した日を思い返しています。

振り返ると「あーすれば良かったのかな?」ということはありますが、もう一方では「やれることは、精一杯やれたのかな」とも思います。

改めて実感することは、親の介護を考える時、必ず子供は人生を犠牲にしてまでやらないことだと思いました。

私の場合、親からの精神的自立はずっとテーマであると思っていましたので、母の介護を考える時は意識していました。施設の手続き、毎月状況を見に行き好きな物を買って持って行くなどは欠かしたことはありませんが、決して無理はしていません。たとえ母が寂しいと言っても時間が来れば「また来月ね」と笑顔で帰っていました。

私のなかで可能な時間は2~3時間です。買い物を終えると施設の話を聞かせてもらいます。もちろん愚痴も出てきますが、それを「何とかしないと」とは思いません。ただ、ただ「そうなのね」と聞いているだけ。

無理をしないと言うことは、私は私の人生を生きるということに繋がっていきます。親の期待に応えようとすると、それだけで精神的に疲れてしまって、自分の人生を生きられなくなってしまいます。

息子さん、娘さんが会社を辞めてまで介護をされると、親が亡くなった後、自分の人生をどう生きていいのか見失っちゃいますよね。

それぞれの選択肢ですので、良い悪いではないのですが・・・

このようにブログを書かせて頂きましたが、私も何か大きな心の動きがある時は、FAP療法を自ら受けるんです。今回は、気持ちの整理はついてはいるものの母との共依存関係時代の感覚が残っていたため、FAP療法を受けました。FAP療法で記憶は整理され、精神的にも落ち着き、やっぱりFAP療法は凄いなと思った次第です。

FAP療法のお蔭で、比較的早く日常に戻れたのではないかと思います。

==================================================

シャンティISAでは『FAP療法で自分の感覚を取り戻し、生きやすい人生!』を目指すと共に婚活のサポートをさせて頂いております。自分の感覚だと思っていても、親(母親)の支配や影響を受け、親の思いや感覚を自分の感覚だと感じている場合があります。親の影響から自分の感覚を取り戻し、自分らしく自分軸で人生を歩むお手伝いを致します。

【 FAP療法 】   詳しくはこちら

婚活が時期ではない方も「自分らしく人生を生きる」ためのサポートをさせて頂いております。お気軽にお問い合わせください。

          お問い合わせはこちら