活では、パーティーやお見合いなど初対面で緊張して困ると言ったご相談がよくあります。

初対面では、落ち着いてお会いしたいですよね。

私達は、お相手がどんな方なのか「わからない」時や、自分がお相手とどのように関われば良いのか「わからない」時など、緊張の中身は「わからない」ということです。
お相手がどんな方なのかは、会ってみるしかありませんが、お相手の方との関わり方は、ある程度事前に考えておくことができます。できる準備をしておくと安心感につながります。

             目   次

       1 初対面での話題

       2 お相手を知る

       3 沈黙について

       4 緊張緩和の方法

1 初対面での話題

【初対面でお会いする時は、丁寧にご挨拶を】

当たり前のことですが「こんにちは。はじめまして○○です」とニッコリ挨拶をし頭を丁寧に下げます。頭を下げたら笑顔がなくなってしまう場合が多いので、下げている時も笑顔でいると、顔を上げた時も笑顔のままで、とっても好印象です。(お出かけの前に、シミュレーションを)

【 軽く雑談から】

軽く雑談から入ると、リラックスしやすいです。とてもベタですが、お天気が入りやすいですね。その日の天気予報はチェックしておいて、お天気の変化がある時は、ほど良い話題になります。

雑談の目的は、緊張をほぐすことです。緊張が高いまま仕事や家族の話題に入っても心は閉じたままで「はい。いいえ」のお返事で、終わってしまい会話が続きません。急がずに緊張をほぐしていきましょう。

リラックスした雰囲気になってきたら、本題に入っていきますが、まだ緊張が溶けていないようでしたら
「雨の予報の時は何%位で、傘を持って出られます。私は、10%でも持って出るのですが、以前50%で忘れてしまい、傘を買う羽目になってしまいショックでした」と、ちょっとしたお天気エピソードがあれば、話しやすい印象になりますね。

【 趣味や楽しいことについて】

趣味や楽しいことのお話しは、雑談でもあり自分との好みはどんな感じなのか、少し相手を知ることもできます。

趣味がある人もいれば、特にない人もいらっしゃると思います。無理に趣味を探そうとしても楽しくありません。

趣味にこだわらず、自分はどんなことを楽しいと感じるのか、好きなことやワクワクすることを日頃からチェックしておきます。

特にワクワクすることなんてないな、という方は「いいこと探し」を行います。
大人になると、それ程楽しいことなんてないと思う方が多いと思います。仕事のことを考えていたり先の不安なことを考えていたりして脳が緊張しているからです。楽しいというのは、感性の世界です。日頃、あまり使っていない脳の分野です。
感性や感覚、イメージを意識していると、仕事で酷使している脳を休ませることにもなり、心身のバランスが取れていきます。

ほんの小さなことから、見つける習慣を付けておきましょう。
「今日は、晴れていて何て気持ちがいいの」「今日のランチ、とっても美味しかったわ」「駅の途中に、こんな綺麗なお花が咲いているわ」「混んでいる電車で、前の席が空いて超ラッキー、今日はもっといいことがあるわ」など

意識して探してみると、結構あるものです。今まで、素通りしていただけなのです。見つける習慣がついてくると、感性がより豊かになり、脳のリラックス効果も期待できます。

楽しいことを見つける習慣がついていると、ちょっとした話題を見つけやすくなります。

「お店に素敵な絵が飾ってありますね」「テーブルのキャンドルお洒落ですね」「このグラス高級感がありますね」など、周りのいいことに目が向くようになり、雑談のネタに困らなくなります。

【お相手の興味のあることに関心を持つ】

お相手の方が趣味のお話をされて「わからないな」という時は、どんなところが好きで、興味があるのかを関心を持って聴かせていただくと話は盛り上がります。

「そうなのですね」「それでそれで」「はいはい」と、人は、興味のある話を誰かに聴いて欲しいものです。自分が知らないことでも大丈夫なのです。

雑談でリラックス効果を狙いますが、お友達関係を求めているのではありませんので、雑談を引っ張り過ぎない注意は必要ですね。

2 お相手を知る

雑談で、だんだんと緊張がほぐれてきたら、いろいろな話題へと進みます。

仕事観】

お相手を知るためにはまず自分の価値観をしっかりと持っていることです。

自分の価値観があり「あなたはどんな価値観や考えを持っていますか?」だと、双方のコミュニケーションが成り立ちますが、自分の考えが全くないと話が弾まないものです。お互いの考え方の相違を知るためにも、日頃から自分の仕事観をじっくり考えておくといいですね。

どんな思いで仕事に取り組んでいるのか。どんなきっかけで、このお仕事についたのか。今後どうなりたいのか。難しいことですが、仕事に対する思いや考えをもっている男性は、好感を持たれます。

女性の場合は、結婚後も仕事を続けたいのか、お互いの経済状況はありますが、どんな思いで仕事と向き合っているのか重要なポイントですね。結婚後も続けたいのか、子供ができるまでなのかなど、自分のライフスタイルに合ったお相手を見つけるためにも、仕事のことを考えておきます。

【出身地】

お話しの順番はありませんが、仕事で真面目なお話の後、少し雑談レベルで出身地などいいですね。

 

出身地が同じだと盛り上がりますし、別だとしてもお相手の出身地の良さをお聞きすることで楽しい雰囲気が広がります。

出身地の流れから出身校や学生の頃のお話に進むと、その方の人間性も感じられますね。

自分の学生時代の軽い失敗談を思い出して準備しておくと、話しやすい雰囲気になります。ネガティブな話は好みませんが、ちょっとした失敗談だと、「そんな一面があるのですね」と親しみが湧いてきます。
話しやすい雰囲気になりお相手が話を始められると、次は聴くモードに切り替えます。「はい、はい」「それで、どうなったのですか?」と、よく聴いていきます。自分の話は潤滑油で、メインはお相手のお話をお聴きするというスタンスでいくと男女共にモテモテですよ。

家族構成や関係性】

学生時代の話が出てくると家族についてのお話も聴きやすくなります。家族構成は事前にご存知ならば、関係性が気になるところ。

家族は結婚について、どの位関わってくるのか。本人任せなのか。自分の家族の話をしてから「あなたのご家族は?」とお聴きするとお相手は話しやすくなります。
自分のことを全く話さずに質問するとお相手の方は、不安になります。
お互いを知るのが目的ですので、自分の情報を開示してから、質問をしていきます。

将来的な希望や目標、結婚観について】

二人でどんな家庭を築いていきたいのか。
どんな結婚をしたいのか。
お相手に望むこと、自分へのこだわりで外せないこと、どちらでも良いこと、譲っても良いことなど、事前に心の整理が必要です。

頭の中だけで考えても、よくまとまらないため、希望の条件を箇条書きにします。

◯相手に求める性格
  内向的で落ち着いている人がいいのか、社交的で活発な人がいいのか、など
◯自分へのこだわり
  自分がやりたいことやりたくないこと。一生続けたいこと。両親のことはどう考えているのかなど
◯金銭感覚
  自分はどんなことにお金を使いたいのか、使いたくないのか。お相手の金銭感覚を知るためにも自分   を知っておきます。

20以上は書き出していきます。多く書き出し読み返してみると、重複するところがあります。そこが、あなたの譲れない部分の発見になります。具体的に書き出し本当に大切なことを3つに絞り込みます。絞り込むことで自分のこだわりが見えて、ライフワークに合ったお相手探しにつながりますし、迷った時の助けになります。

自分の価値観をハッキリ持っていると、意識して話ができるので、雑談をしながらお相手の価値観を知ることができます。

先程の趣味や楽しいと思うことのお話がありましたが、その時に「ランチの美味しいお店がありまして」「たまにフレンチで贅沢をするのですよ」など、リーズナブルなお店で楽しいと思うのか、たまには贅沢したいのか。ちょっとした会話でも価値観が出てきます。

ポイントをまとめると、相手が話している時は、最後までしっかりとお聴きし、途切れたら考えてきたことを話して会話を促し「あなたは?」と、じっくりお聴きするということです。

会話を考えていても順不同です。相手の方が質問されるかもしれません。質問されてきたのに、適当に答えて考えてきた話題に入ると、会話の流れを止めてしまいます。

質問されてきたことは、相手の関心事でもありますので、丁寧にお答えした後に「あなたは?」と聴き返すと盛り上がります。

3 沈黙について

会話を続けていくと、初対面では必ずといっていい程、訪れるのが沈黙です。

全く沈黙にならないという場合は、相手がずっと話されていて沈黙にならないのか、自分のことばかりずっと話していて沈黙にならないのか、一度チェックしてみましょう。

自分のことばかり話していたならば、一呼吸間を入れて「あなたはどうですか?」と、質問で返します。
あなたが話しても相手が割り込んで話される場合は、初対面の緊張から余裕がなく自分のことばかり話されているのか、話し好きな性格の方なのかを見極めていきます。性格ですと、その方との相性(自分は、聴いている方が楽しいのか、自分も話したいのに聴いてもらえないのか)を考える必要がありますね。では、本題の沈黙について考えていきましょう。

自分のことを話し終えて、ホッと一息の休憩からの沈黙】

穏やかな表情をされているなら、沈黙を埋める会話より、こちらも一呼吸おいて、静かな時間を共有しましょう。

焦って無理に言葉を探さずに、呼吸を整えてリラックスです。こちらがリラックスしていると、その波長は相手にも伝わります。
お相手の方もリラックスできて「この方だと、穏やかな時間が過ごせるな」と、好印象請け合いです。

自分の考えや感情、情報などを探している時間からの沈黙】

何か話題を探すことは、お互いによくありますね。

何か話題が浮かんで、話し始めた時、相手も話し始めて被ってしまうことがよくあります。(笑)

話しが思い浮かんだら、一呼吸おいて相手もまだ考えている様子で、何も話題がなさそうだなという間で、話し始めると絶妙ですね。もちろん、被っても「どうぞ」と切り返せば大丈夫。

自分を理解してくれない相手への不満、怒り、反発、不信感からの沈黙】

お相手の方が、穏やかな表情でない場合、相手の話した内容に否定的な応答をしていなかったかを振り返ってみます。

否定的な表現をしていたと気付いたらすぐに「あっ、失礼しました。言葉が否定的でしたね」とか「失礼なこと言ってしまいましたね」と、ニッコリ笑顔で。

お相手が不満や怒りの表情でも、こちらの「あなたを理解しようとしていますよ」といった気持ちが伝わると、好印象に繋がります。私達は、自分のことを理解してくれる人に好感を持ちますよね。

もちろん、この技はあなたが相手と関係性を繋いで行きたい時に役立つもので、ちょっとしたことで不機嫌になる方とのお付き合いは、ちょっと・・・といったところでしょうか。(笑)

自分のことを語ることへの抵抗、不安、ためらいからの沈黙】

育った環境は人それぞれ全く違います。

子供の頃から「○○ちゃんはどう?」と気持ちや考えを聞いてもらって成長すると、自分のことを抵抗なく話せます。

自分の考えや気持ちを家族に話しても「何言ってるの」と否定されて育ったなら、自分のことを話すのに抵抗や不安を感じても不思議ではありません。否定されない安心できる相手だと思えるまで、少し時間が必要です。

相手の方が自分のことをあまり話したくない様子だなと感じた時は、ゆっくり待ちましょう。優しい気持ちで待っていると、思いが伝わり、信頼感が深まります。

沈黙は、焦ってしまい誰でも苦手意識のあるものです。沈黙を落ち着いて考えることができれば、安心した関係性を築いていけますね。

4 緊張緩和の方法

緊張は個人差がありますので、事前の準備をしていても緊張が高まってしまう場合は、体をリラックス状態へと導くマインドフルネスを行っていきましょう。

マインドフルネスでは、今この瞬間を実感し脳を休息させることができます。

取り組む前に気持ちの持ち方のポイントです。初対面で緊張するのは、とっても自然なことです。
見た目が落ち着いて内心はドキドキでした、という位が新鮮で誠意が伝わり、却って好印象な場合が多いです。

緊張を無くそうと意識し過ぎると、より強く感じますので、少し落ち着いていけるといいなぁという位の気持ちで続けていくのがコツです。

マインドフルネスを毎日行うと、8週間で脳の感情部分の反応が穏やかになるというデータがありますので、焦らず毎日続けて、効果を実感しお見合いに進みましょう。

静座瞑想】

自分一人の時間と空間の中で、背筋を伸ばして、腕の力を抜いて、手のひらを膝かももの上に軽くのせておきます。目を閉じて呼吸にさりげなく注意を向けていきます。呼吸の流れに意識を向けて、胸が開いたり縮まったり、お腹が膨らんだり縮んだりと、あなたの呼吸に注意を向け、1分からでもO.Kですので、少しずつ3分~10分と時間を伸ばしていきましょう。慣れてきたら通勤途中の電車、バスの中などちょっとした時間も利用して行えますね。

呼吸に意識を向けることで、お見合いや仕事などで、いろいろな雑念から自分を解放することが、マインドフルネスです。脳の休息に最適です。

より深めていきます】

呼吸に慣れてきたら、感覚へ意識を広げていきます。呼吸に意識を向けながら、気温、肌の感覚、周りの空気(香りの好きな方は、アロマもいいですね)、周りの音など、さりげなく注意を向けていきます。例えば、ももの上に乗せている手のひらの温もりや感覚、扇風機の風の音、肌に感じる風の揺れなど、感覚に意識を向けていくのはとっても心地よいものです。

ボディスキャン】

休日など時間がゆっくり取れる時は、仰向けに寝て、先程の体への感覚に注意を向けていきます。座っている時の感覚とは違うリラックス感を味わっていきます。力を抜いているつもりでもどこか緊張が残っていないかなどボディスキャンしてみましょう。この時、首に力が入っていることに気づき「力を抜かなきゃ」と気負うのではなく「首に力が入っているね」と、そのままそっとおいておくと自然に力が抜けていきます。

慣れてきたら、「仕事で緊張してたものね。5日間、よくやり遂げたね」と自分を「受容、承認」しましす。自分への労いや自己肯定感は、私達に活力をプレゼントしてくれます。

さらに応用編】

呼吸と共に、リラックスしてきたら最後にお見合いの場面をイメージします。まずは雑談から落ち着いて、リラックスして、お相手の方と会話しているイメージを入れていきます。イメージが難しい場合、パーソナルレッスンもございますので、お問い合わせ下さい。

イメージセラピーについては、詳しくはこちらです

パーソナルレッスン(イメージセラピー)・カウンセリングのお申込みはこちら