私は、母親の顔色を見て育った経験から人に会う時は「相手が自分をどう思うのだろう?」と自動的に相手視点で考えて行動するところがありました。

子どもの頃は、判断力が身についていませんので「無意識さん」が「相手の顔色を見る」と受け止めて、自動的に反応していました。

子どもの頃に身に付いたものはなかなか抜けないものです。

相手が自分をどう思うのかより、自分がどう関わりたいのかが大切と、大人になって気づいても人に会うと「どう思われるのか」になっちゃうんです。これって、かなりしんどいです。

「無意識さん」の影響は大きいのですが、反応せずに「大丈夫!大丈夫!」と、思えたら疲れることがなく人と接するようになっていきます。

子どもの頃の感覚のまま反応しているだけなので、自分の性格が弱いからだと責める必要はありません。自分を責めると、緊張してしまいますので、勝手に子供の頃の反応をしちゃいます。

婚活されている場合は、落ち着いて今の状況に集中し相手の方とお会いしたいものです。勝手に「どう思われるのだろう」と反応しちゃうと自分らしく振る舞えず、ぎこちなくなってしまいます。

突然、婚活のお話になってしまいましたが、シャンティISAでは、婚活カウンセリングも行っているものでして。

婚活をされている方もそうでない方も、ぎこちなくなってしまう反応を緩めるために、今すぐご自身でできる方法は「呼吸」がおススメです。

以前は、落ち着くためにリラックスするために「呼吸」をゆったりしようと思っていましたが、そうなると意識しちゃうのでアウト!なんですね。

意識しちゃうと落ち着きのない「相手が自分をどう思うのだろう」バージョンですね。

そこに「やっぱり私ってダメ」と判断しちゃうと、これまたアウト!ドツボにはまってしまいます。

単純に、「吸って」「吐いて」「吸って」「吐いて」の繰り返し、早いなら早いまま、無意識に行っている呼吸のままそのままでいいんですよ。無意識に行っている呼吸にそのまんま感覚を集中することで、「無意識さん」が自由な感覚を教えてくれるようになってきました。

もし、「呼吸」だけではまだまだ落ち着かないなという場合は、幼少期のことが「トラウマさん」となっていることも考えられます。

今の私は、「呼吸」に感覚を向けることで、自由な感覚を味わうことができるよになりましたが、そうなるまでは、「母の影響」をFAP療法の「トラウマ解消」で遮断していただきました。

「母との共依存の影響」を外し「呼吸」に自然に感覚を集中できるようになり、楽になり、FAP療法の上級を受けて、シャンティISAでも取り入れるようになりました。 FAP療法詳しくはこちら

まずは「呼吸」に感覚を向けて落ち着いてくれば、それでバッチリですね。

==================================================

シャンティISAでは『FAP療法で自分の感覚を取り戻し、生きやすい人生!』を目指すと共に婚活のサポートをさせて頂いております。自分の感覚だと思っていても、親(母親)の支配や影響を受け、親の思いや感覚を自分の感覚だと感じている場合があります。親の影響から自分の感覚を取り戻し、自分らしく自分軸で人生を歩むお手伝いを致します。

【 FAP療法 】   詳しくはこちら

婚活が時期ではない方も「自分らしく人生を生きる」ためのサポートをさせて頂いております。お気軽にお問い合わせください。

          お問い合わせはこちら