FAP療法の一つに「遺伝子コードをオフにする」という方法があります。FAP療法に興味があったことから、遺伝子コードにはオン・オフがあるということを知りました。

以前は、遺伝子は変えられないと思っていましたので、遺伝子って興味のない分野でしたが、どうも違うらしいですよ。

「遺伝子コードのオン・オフなんて怪しい」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、科学的にも遺伝子コードのオン・オフが証明されてきたことをNHKスペシャルで紹介されていました。

【その内容は】

遺伝子には、身体の各部分、目、耳、血液、心臓、肺、脳など体を作るための設計図が示されています。それ以外にも持久力、病気の予防、若返り、記憶力アップさせたりと様々な情報が書き込まれています。

その設計図が、どの程度読み取られるかによって、体質や才能などが決まります。

その設計図の読み取りをコントロ-ルするのが、変えられない2%の遺伝子以外の98%だそうです。

98%の遺伝子にはオン・オフがあり能力が発揮できるのは、このオン・オフに関係していることが分かっているのだとか。

ある一卵性双生児さんのケースで分かってきたのことなのでのが、同じ遺伝子を持つ双子なのにお一人は乳がんを患ってしまいました。

何故か?ということからわかったのは、乳がんは母乳を作る乳腺で細胞が異常に増殖することによるのだそうです。

病気の予防の遺伝子がオンの場合、RNAポリナーゼという読み取り機のような作用が走ることで「細胞が異常に増殖し始めてるよ」とキャッチし、その情報から抑える物質が作り出されます。

なんと、身体って凄いですね!

オフになっていると、DNAメチル化酵素が磁石のような物質を放出し読み取ることができなくなるそうです。

この遺伝子スイッチは、2万個以上もあると考えられます。病気の予防のスイッチはオンの方がいいのですが、オフの遺伝子の方が良い場合もあります。

常にちょっとしたことで不安を感じてしまうとか、ストレスを感じると食べちゃう習慣が・・・なんて遺伝子はオフの方がいいですね。

不安やネガティブな感覚はオフにしたいのですが、FAP療法の開発者、大嶋先生が言葉でオフにする方法を発見されました。

これは、科学的には証明はされていませんが、クライエントさんが元気になったり、良い状態に変化されたりということから効果は現れているのです。

私も、上手くいかない時などは日常でどんどん取り入れて、気持ちの切り替えスイッチにしています。私自身、効果を感じています。

そこで、具体的な方法ですが。

大嶋先生が発見した「ネガティブに関係する遺伝子を言葉でオフにしちゃいましょう」と言うことで、遺伝子コードに「還元」という言葉を付けて7回唱えていくだけなんです。

「還元」というのが「元に戻す」という意味です。

例えば、細かいことが気になって不安が増していくという場合「SGCE(エスジーシーイー)の還元を7回唱える」といった感じです。言葉にしても心の中で唱えてもどちらでもOKなんです。

いつでも、どこでも唱えられるメリットがありますね。

コードには、合う合わないがあり効果が現れないことはありますが、唱えて良くないというコードはありませんので、安心して試して下さいね。

効果が現れやすい自分に合ったコードは、7回唱えるとフッと気持ちが楽になりますので、すぐに分かります。楽になれば、その状態を定着させるために2週間から1ヶ月程唱えていきます。

本来、人は生まれてくる時には、ほとんどの遺伝子はリセットされているそうです。少しでもその状態に戻ることは、軽やかで楽になっていくイメージが湧きますよね。

親と性格が似ていたり感覚が似ているという場合、生活を共にし親が表現する言葉を耳にしているから影響を受けているところもあります。

遺伝だと思うと諦めちゃいそうですが、98%は変えられる「遺伝子コード」だそうですので「諦めないで」

気楽にやってみて下さいね。本来の自分に戻っていくのには、楽な方法で楽に戻りたいものです。