【FAP療法で、自分の感覚を取り戻し生きやすい人生と共に結婚を!】

FAP療法では、発作という概念があります。始めてこの概念を知った時、今まで心理学を学んできたなかで、とっても斬新でした。

私自身、子供の頃から人間関係が難しいと思い悩んでいましたので、少しでも早く知りたかったと思いました。

発作とは、皆さんがイメージされるのは、けいれんの発作かなぁと思うのですが、FAP療法では私達が日常でよくある発作に注目しています。脳の電気発作と言うことなのです。

私達の脳は、軟らかいタンパク質のかたまりです。このタンパク質のかたまりは1千億個以上の神経細胞でできており「軸索」というケーブルで無数のネットワークをつくっているそうです。脳の働きは電気活動で行われているため、脳には、電気が流れているのだとか。

その電気は、静かに流れているといいのですが、ストレスなどの刺激で脳に帯電しちゃうんです。そこに限界を超える刺激があると「ビビビッ」といった感じで、電流を放出しちゃうことがあります。その状態が「発作」なんです。

私もちょっとしたことで「イライラする」とか「カァッとなる」ってことは経験しています。そんな経験全くないという方は、かなり落ち着いていて「毎日1時間程、瞑想されているのかしらーん」と思います。

「カァッ」となると、あれー自分じゃないみたいとか、いつも優しい自分でありたいのに私ってなんて嫌な人なんだろうと思いますよね。人格というよりは、実は「発作」です。

人格と思うとどうにもならないと思っちゃいますが、発作と思うと結構楽になりますよ。

私の母は、よく「カァッ」となり子ども頃は、ビビッていつも顔色を窺っていました。今でも母は、「カァッ」となることがありますが「発作がおきている⤴」と思うと、慌てずに落ち着くのを待つことができます。

職場の上司で、わかりやすいのはパワハラ状態が「発作」ですね。パワハラまでいかなくても、突然変異する方を見かけることがありますよね。FAP療法では「破壊的人格になっちゃう」と表現しています。

何かに引っかかり電気が大量に流れて放出しているんだと思うと、慌てずに済みますね。冷静に様子を伺うなんて「嫌なやつ」なんて思わず、落ち着いていると、状況や問題点が見えてきますので、お得です。

幼少期に親が「カァッ」となるなんて状況で育つと、緊張が高くなっちゃうので「トラウマさん」になっちゃっているかもしれません。そんな場合は「トラウマさん」を解消しちゃうと落ち着きを取り戻すことができるようになっていきます。「トラウマさん」の解消は、FAP療法で。詳しくはこちら

周りの人間関係で「破壊的人格」になっていらっしゃると思われる方がいらしたら、それは「発作」と思うときが楽になります。

親子関係や職場での人間関係が落ち着いた関係性であれば、婚活においても焦って考えずに自分に合った「心やすらぐ家庭を築く」素敵なパートナーに出会えると思いますよ。

==================================================

シャンティISAでは『FAP療法で自分の感覚を取り戻し、生きやすい人生!』を目指すと共に婚活のサポートをさせて頂いております。自分の感覚だと思っていても、親(母親)の支配や影響を受け、親の思いや感覚を自分の感覚だと感じている場合があります。親の影響から自分の感覚を取り戻し、自分らしく自分軸で人生を歩むお手伝いを致します。

【 FAP療法 】   詳しくはこちら

婚活が時期ではない方も「自分らしく人生を生きる」ためのサポートをさせて頂いております。お気軽にお問い合わせください。

          お問い合わせはこちら