【FAP療法で自分の感覚を取り戻し、生きやすい人生と共に結婚を!】

孤独ってなーんだか嫌な感じですよね。

あの誰にもわかってもらえない感じ。

誰にもわかってもらえないので、誰かにわかってもらおうと必死になって伝えようとするけど、結局わかってもらえなーい。となって、諦めるというパターンになっていませんか?

親や友人にわかってもらえないので、次は異性に求めて結婚したいと思った時は「ちょっと待ったぁ」で、一旦孤独を整理しちゃいましょう。

私もわかってもらいたい、でもわかってもらえないといったパターンで悩んでいたので、カウンセリングを受けたりカウンセリングを学んできました。

カウンセリングを学ぶことで、「皆な孤独だよね」だから「こんなもんだよ」と諦めるようになり、孤独を受け入れていったのですが、どこかしっくりこなくて何かを探し求めていました。

そこで、出会ったのがFAP療法です。私も実際に受けて、これはいいと思い、上級コースを受講しました。

FAP療法では、問題を「外在化」していくので、孤独を感じても「自分の性格が弱いから」と内在化はしません。外に向くのが「外在化」で、内に向くのが「内在化」です。

「内在化」で自分に原因を探し求めると、直ぐにはどうにもならないので苦しんじゃいます。「外在化」も原因を探すと親が否定的だったから親の責任とか、出会った人がわかってくれなくて批判されてきたから周りの所為となり、これもどうにもならないので、しんどいですよね。

「外在化」は、「孤独を感じて寂しい」ことだけを見ていきます。そこに「自分の性格が弱い」と言った原因の解釈は入りません。

自分を責めないだけでも、自分の感覚を自分らしく自分のまま感じることができるようになっていきますよ。責めないで、本来の自分の感覚を実感できると、とても心地良い感覚なのです。

ポイントは、自分の感覚を取り戻すことなんです。

「孤独」の裏には誰かにわかってもらいたいがあります。そのためにも、自分の感覚を取り戻していきたいものです。

幼少期に親に認められた感覚がない人、または少ない人は、どうすれば認めてもらえるんだろうかと親のご機嫌を窺っていますので、自分の感覚がわからなくなってしまいます。

寂しいという感情に気持ちが集中しちゃうと自分の「快・不快」や「好き・嫌い」が実感しにくくなっちゃいます。

まずは、自分の感覚を取り戻すことから、始めてみませんか?

そのためには、「できるだけ不快なことを止めてみる」ことから始めていきます。不快な感覚はわかりやすいからです。嫌だなと思うことは、可能な範囲でやめていく、お断りしていく方向で思考を使っていきます。

「不快」なことを減らしていくと、ストレスが減り「快」を実感できるようになっていきます。

自分の「快・不快」が実感できるようになると、人とのコミュニケーションが取りやすくなっていきます。次に自分の「快」の感覚に注目して「はいはい。それいいね」とコミュニケーションを取ってみると「自分の感覚が活きている」となって、「孤独は何処へ」と徐々に孤独感が減っていきます。

自分の感覚を取り戻して結婚相手を見ていくと、相手に寂しさを埋めてもらう必要がないので「この人好き」「この人ちょっと違うかも」と「合う、合わない」が実感できるようになっていきますよね。

自分の感覚を取り戻して、自分に合ったお相手と結婚しましょうね。

==================================================

【 FAP療法 】   詳しくはこちら

【婚活カウンセリング】

自分に合ったパートナーを探す活動をしていると不安や焦りなどから、疲れちゃったなぁという時も出てきます。そんな時は、自分の感覚を見失っている時でもあります。一息ついて自分の心を癒し、次に進むお手伝いを致します。

婚活カウンセリングのお申込み、お問い合わせは こちら

==================================================

LINE@で、パーティーなどのイベント情報・婚活に即役立つセミナー情報・皆さんとワイワイおしゃべりして、婚活のストレス解消やエネルギーの充電お茶会などの情報をお送りしています。 お友だち追加お待ちしております。  

 LINE@ shanti-isa

友だち追加