【FAP療法で、自分の感覚を取り戻し生きやすい人生と共に結婚を!】

婚活では特に、感性や自分の感覚が重要になっていきます。婚活以外にも感性や感覚が磨かれている方が生きやすいと思います。

感性や感覚は、学習したり知識を得たりと言ったこととは違って測りにくいものです。その日によっても変わっていきますしね。

感性や感覚を磨くには、日頃より嬉しかったこと感動したことを見つける習慣をつけておくのも一つです。

これは至ってシンプルな方法で、夜寝床に入った時に、その日のいいことに目を向けていきます。ボソボソっといいことを声に出すと実感が持てていいですね。

いい出来事は大人になるとそれ程多くはありません。「ない」と言うより感じにくくなっていますよね。

子供の頃は、小さなことでもワクワクして好奇心が旺盛だったと思います。大人になるに従って親に好奇心を抑えることを教えられてきたため、小さなことではワクワクしなくなったんです。

親もまた、その親(自分からすると祖父・祖母ですね)から、抑えることを教えられてきたため連鎖しているようなものです。

是非ここで切り替えていきたいものです。人生はワクワクすることを探しワクワクすることを行っていくそんな楽しい人生にするといった感じで。

いいことを探すことから始めていきます。探してみると、いいことって結構ありますよ。

先日、地下鉄に乗っていると、ご高齢の友人同士であるお二人が乗って来られました。お一人分の席は空いていましたが、たまたま私の近くでしたので、お席を譲ろうと立ち上がると、私より若い20代の女性が立ち上って下さいました。

心温まりますね。

意識していると、今までは見過ごしていたことに気づき始めていきます。気づいていく回数が増えるごとに感性が豊かになっていく感じです。

道を歩いていて小さなお花を見つけて、嬉しくなったり、青空に感動したり、雨音に道路が綺麗いに洗われる感じがして、嬉しくなったりといろいろあるものです。

感性が豊かになると、自分にとっての快の感覚も実感できるようになっていきます。

大半の方は、世間に合わせることを教えられて、自由に表現させてもらえなかったと思います。すると、周りに合わせる感覚が自分の感覚であると勘違いするんです。

人に合わせている方が落ち着くと思いますが、それは自分の感覚ではないですよね。感性を豊かにして、自分の快の感覚で生きてみると、婚活だけではなく結婚後も上手くいくものです。

自分の感覚が分からず世間体に合わすので、ストレスになり自分と違う感覚の人が目の前にいると、批判したくなるものです。自分の感覚を取り戻し自分の快で生きていくと、人と感覚が違っていても尊重できます。

本来の自分の感覚を取り戻し、ストレスにならない生き方と共に人間関係もスムースに行きたいものです。

まずは、自分の感覚を紛らわす快ではなく心地よい本当の快に従って!

自分の感覚を大切に生きてみると、右脳が活性化されて直感も冴えてきます。冴えている直感は、自分をいい方向へと導いてくれます。

今まで抑え過ぎていた場合、いいことを探してもワクワクにつながらないかもしれません。そんな時は、FAP療法で親からの影響を遮断しちゃいましょう。(^^)

==================================================

シャンティISAでは『FAP療法で自分の感覚を取り戻し、生きやすい人生!』を目指すと共に婚活のサポートをさせて頂いております。自分の感覚だと思っていても、親(母親)の支配や影響を受け、親の思いや感覚を自分の感覚だと感じている場合があります。親の影響から自分の感覚を取り戻し、自分らしく自分軸で人生を歩むお手伝いを致します。

【 FAP療法 】   詳しくはこちら

婚活が時期ではない方も「自分らしく人生を生きる」ためのサポートをさせて頂いております。お気軽にお問い合わせください。

          お問い合わせはこちら