【FAP療法で自分の感覚を取り戻し、生きやすい人生と共に結婚を!】

結婚相談所でのお見合いは、以前私達が認識しているお見合いと随分違ってきました。

20年前のお見合いは、近所の世話好きなおばさんが仲介役になり、お互いに写真と釣書を交換し、気に入ればお見合いをするという流れです。お相手の方に電話をして、お会いする場所と日時を決め、お見合いをします。

その後、世話をしてくれたおばさんに、意向を伝えます。ここまでの流れは、ほとんど変わりませんが、その後が大きく違います。ここで「気に入った」とお伝えすると、お付き合いが始まるかというと、もう結婚が決まったものと結婚に向けて話がどんどん進んでいきます。

しばらくお付き合いをして決めるといった感覚ではありません。

今の結婚相談所は、期間の上限はありますが、お付き合いを経て結婚するかどうかを決めます。複数の方と並行してのお付き合いも可能です。

お見合いは、お付き合いをするかどうかを決めるための最初の出会いにしか過ぎません。「ファーストコンタクト」ですね。
お付き合いをした上でお相手を見極めていくことができるので、今は、いいシステム(仕組み)になっています。

もう一つ昔と今の違いで大きいのは、お相手の選択肢の数です。昔は同じ町内とか隣の市町村といった地域が限られた出会いでしたが、今の結婚相談所は、大手ですと全国約6万人の方が登録されておりますので、かなりの人数の方と出会える可能性があります。

広範囲の方とお見合いができますので、お付き合いに至らない限りは、その後お会いすることはないと思います。お見合いの時点では、苗字しか知りませんし、連絡先も分かりません。やり取りは結婚相談所を通して行いますので、連絡を取り合うこともありません。

更にもう一つ大きな違いがあります。昔は、異性に縁遠い人の親がお見合いを設定していましたので、モテない人というイメージがありましたが、今は本人が自ら望んで相談所に入会し、自分のライフスタイルにあった結婚相手を真剣に探す場へと変わってきています。

お仕事に追われていて出会いがない方も、自然な出会いを希望されると思いますが、自分に合った方との出会いを考えるとするならば、現代に合った婚活の一つだと思いますよ。

マッチング事業も運営しておりますので、ご興味のおありの方はお問い合わせ下さい。

また、結婚はしたいけれど、活動に向けてなかなか「動いていく気になれないわ」という時は、親の結婚生活を見ていて動けなくなっちゃっているのかも?といった場合もあります。そんな時は、FAP療法で影響を遮断する(距離を取る)方法もございますので、ご紹介させて頂きますね。

==================================================

シャンティISAでは『FAP療法で自分の感覚を取り戻し、生きやすい人生!』を目指すと共に婚活のサポートをさせて頂いております。自分の感覚だと思っていても、親(母親)の支配や影響を受け、親の思いや感覚を自分の感覚だと感じている場合があります。親の影響から自分の感覚を取り戻し、自分らしく自分軸で人生を歩むお手伝いを致します。

【 FAP療法 】   詳しくはこちら

婚活が時期ではない方も「自分らしく人生を生きる」ためのサポートをさせて頂いております。お気軽にお問い合わせください。

          お問い合わせはこちら