【FAP療法で自分の感覚を取り戻し、生きやすい人生と共に結婚を!】
 
 
婚活ではお相手との相性は、重要なポイントですね。比較的短い期間で相性を見極めていくことがあります。
 
そんな時、会話の交流パターンから相性を見ていく方法がありますので、ご紹介させて頂きますね。
 
 
多くの心理学のなかで、「交流分析」という心理学があります。米国の精神科医 エリック・バーン氏が
 
創始者で「互いに反応し合っている、人々の間で行われる交流を分析する」というものです。
 
交流分析のなかで、50問の質問に答えて、交流パターンをグラフ化する「エゴグラム」が紹介されてい
 
ます。自身の交流パターンも見える化することができます。
 
 
質問項目は、インターネットでもご紹介されていますので、ご興味のおありの方は検索なさってグラフ
 
化されて下さいね。
 
質問項目で詳しく見える化しなくても、会話がどのような表現で多くされているかということから、
 
特徴が現れてきますので、その特徴についてご紹介させて頂きます。
 

 

「エゴグラム」では、親(①父親的(CP)、②母親的(NP))・③大人(A)・子供(④自由な心(FC)、⑤従順(AC))の5つの「自我状態」を見ていきます。

自我状態とは、子供の頃からの経験によって形作られたその人の物事の捉え方、個性や性格のことです。性格や個性は、十人十色、一人ひとり違います。私達は、同じ場面に遭遇しても異なった捉え方をしますね。

その反応パターンを5つの自我状態で表現しています。5つの自我状態の高い低いが、その人の個性や性格の特徴になります。 

 
【例えば】
 
 
あなたが電車に乗っている時、空いている席がなかったので吊り革を持ち立っています。ふと前に座っ
 
ている20才前後の女性が、化粧を始めました。あなたは、どんな風に思い捉えますか?
 
 
 
A「人前でしかも電車のなかで、化粧をするなんてはしたない」
 
 
B「時々、電車が大きく揺れるけど大丈夫かしら?」
 
 
C「朝寝坊をしたのかな?時間を有効に使っているのね」
 
 
D「うわー、上手く化粧しているな。凄い!」
 
 
E「電車のなかで、周りの人がどう思うのか気にならないのかしら、私が気になっちゃう」
 
 
同じ場面でもどのように捉えますかは、個々によって様々です。
 
生まれて幼少期からの環境や親の影響を受けながら、成長する過程で身についてきたものです。
 
自我状態に、親、大人、子供といった表現が使用されていますが、大人になっても子供らしさの一面を
 
持ち合わせていますし、親になってもあまり厳しくない方もいらっしゃいます。それぞれの個性や性格
 
と捉えて下さい。
 
 
先程の電車の中での捉え方から見ていくと
 

A 親の自我状態で、厳しく規則を重んじる父親的な一面が出ています。(CP)

B 親の自我状態で、お世話をする優しい母親的な一面が出ています。(NP)

C 大人の自我状態であり、論理的に判断します。(A)

D 子供の自我状態で、天真爛漫で大はしゃぎ。感情表現が素直です。(FC)

E 子供の自我状態のなかで従順さが強く出ていて、感情表現が苦手。周りに合わせるので、協調性があります。(AC)

これらの捉え方が強い部分がその人の個性の強い部分ですので、他の場面でもよく使っている表現を思い出してみると、ご自身の特徴が見えてくると思います。あくまでも特徴ですので、性格の良い悪いではなくバランスが重要です。

バランスよく場面によって対応できれば、信頼されコミュニケーションも上手くいきます。
 
 
【例えば】
 
 
(CP)の特徴では、リーダーシップが必要な場面で、「こうしなければ、なりません」と言われる
 
と、そうしようと思いますよね。決めないと終わらない場面で、合わせる特徴が強く出る協調性(AC)
 
で「どちらでも、構いません」となると会議は終わらず帰れません。
 
しかし、家庭では「どちらでも、いいよ」と言われると安心につながりますね。
 
お茶らけて冗談ばっかりという(FC)の特徴が高く出ると、何度かデートを重ねている方だと「面白い
 
人」となりますが、初対面では「信用できない人」になってしまうかも知れません。
 
判断力や状況判断が特徴の(A)は、お仕事では頼もしくなりますが、家庭でいつも判断されてしまう
 
と窮屈ですね。
 
 
これらの特徴は、ピッタリと合った場面で活かされていくとコミュニケーションも豊かに楽しくなります。
 
 
婚活でお会いした時
 
「こうあるべき」が強く表現に出るなどその他「だいじょうですか?」「状況から考えると」「笑って
 
冗談を言う」「合わせて下さる」などの特徴が強く出る表現かどうかを見ていきます。
 
5つの関わり方の自我状態のどの部分が強めなのかで、お相手の特徴が見えてくると思いますので、参
 
考になさってみて下さいね。
 
このように、コミュニケーションを取る段階までなかなか難しそうといった方もおありかもし知れません。
況に応じて、FAP療法で動きやすくなるセッションもございますので、ご紹介させて頂きますね。
 

==================================================

シャンティISAでは『心軽やかに、人生を楽しむ!』ことを目指して婚活のサポートをさせて頂いております。自分の感覚だと思っていても親や他者の影響を受け、本来の自分の感覚を見失っている場合があります。周りの影響から自由になり「自分らしく人生を楽しむ!」お手伝いをさせていただきます。

【 FAP療法 】   詳しくはこちら

婚活が必要ではない方も、お気軽にお問い合わせください。

          お問い合わせはこちら