シャンティISAでは、生きやすい人生を生きるためにFAP療法を取り入れています。FAP療法では、「心に聞く」で簡単に「無意識さん」と繋がる方法があります。

私たちの意識には、顕在意識(一般的には意識)と潜在意識(無意識)があります。

顕在意識(一般的には意識)は、正しい、間違っている、損か得かなどを計算し判断しています。潜在意識(無意識)は、快、不快などの感覚や感情、感性、それに自律神経など本能的に体の働きも助けてくれたりもします。

知らない間に内臓が働いてくれていますので、知らず知らずのうちに私達を助けてくれています。

この2つの働きですが、意識している方は10%に対して無意識さんの方は90%もあると言われています。

日常でも「無意識的にやっちゃうのよね」と、無意識さんの方が意識しているより働きが強いことを実感されていると思います。

この「無意識さん」の欲求が状況に応じて上手く起動していると心地よく毎日を過ごすことができますが、我慢して抑え込みすぎたり、状況が見えなくなるほど、欲求にだけに縛られてしまうと周りと調和が取れずしんどくなってしまいます。

自分の「無意識さん」は何を言っているのか?つまり本音の自分はどんな風に感じ、何を求めているのか、常にアクセスをして繋がり聞いていくと本当の自分が見えていきます。

そのために「心に聞く」という方法を取り入れて、日常から「無意識さん」と繋がっていきます。

やり方は簡単!「心よ」と、質問したいことの前にタグのように付けていくことで、簡易的な催眠状態になり、自分の「無意識さん」と繋がることができます。「心に聞く」の進め方、詳しくはこちら

何を聞いても良いのですが、今まで自分の感覚を殆ど無視して、親の言うことを聞く「いい子」で生きてきた場合、心に聞いてもなかなか応答がありません。それは親の感覚が自分の感覚になっていることが多いためです。

本来の自分の感覚はとても心地良く、とても楽な感覚です。FAP療法の開発者である大嶋信頼先生はそれを「凪」と表現されています。

自分の感覚を実感するためには、まず日常の生活面から聞いていき慣れていくといいですね。

例えば、「心よ!何が食べたい?」といった感じで、食べ物だと自分の感覚が分かりやすいです。アイスクリームが食べたいなという時にも「心よ!アイスクリーム食べたい?」と聞いてみると「あれ?違うな。いらないなぁ。習慣で食べたいと思っていただけだなぁ」と言うこともあります。

婚活には直観が必須です。直感は「無意識さん」の世界ですので、日頃から「無意識さん」と対話をして活性化しておくといざという時に直感が働いてくれます。

意識して考えると自分に合っているパートナーなのかどうか、条件に縛られてしまい分からなくなってしまいます。「この人!」という感覚をつかみ、自分に合ったパートナーを見つけるためにも直観を磨いておくといいですね。

==================================================

シャンティISAでは『FAP療法で自分の感覚を取り戻し、生きやすい人生!』を目指すと共に婚活のサポートをさせて頂いております。自分の感覚だと思っていても、親(母親)の支配や影響を受け、親の思いや感覚を自分の感覚だと感じている場合があります。親の影響から自分の感覚を取り戻し、自分らしく自分軸で人生を歩むお手伝いを致します。

【 FAP療法 】   詳しくはこちら

婚活が時期ではない方も「自分らしく人生を生きる」ためのサポートをさせて頂いております。お気軽にお問い合わせください。

          お問い合わせはこちら