結婚を考える時、母親から離れたいからと思う前に、母親との程よい距離間を掴んで婚活を行うと、自分が幸せを感じるお相手との出会いが待っている気がします。

母親の支配から自由になるために結婚を考えてしまうと、支配される関係性を別の方との間で引き寄せてしまいます。結婚相手だったり、結婚相手のお母様だったり「キャー、怖いよー」

母親との関係性に悩んでいらっしゃる方がとっても多いように思います。悩んでいらっしゃる方は「仲間が沢山いるぅ⤴⤴」と思って下さいね。

母娘の悩みは、母親との考えや思いのズレが大きいことが原因ではないでしょうか。家族は持ちつ持たれつですので、お互い様で我がまま言ったり我がままを聞いてもらったりして、笑いが絶えなくなります。

いつも我慢していたり、コミュニケーションがズレっぱなしだと、誰でも嫌になっちゃいます。

私の母の特徴は、話す時は上手くいかないことや不具合が起きていることに対しての愚痴が多く、たまに私に質問してくれたと思うと話している途中で、話が母の話に戻ります。(笑)

母は、昨年、他界し天国へ逝かれたので「そんなこと今さら言わんとって」と、関西出身ですので、関西弁の母の声が聞こえてきそうです。(ごめんなちゃい。今では懐かしい思い出なんですよ)

ズレていることで落ち着かなくなりますし、イライラもしちゃいます。

親とのズレは、結論から言っちゃうと、ズレたままで分かり合えることはありません。娘なのだから分かってもらおうとか理解してもらおうというのは、早いこと諦めらめちゃった方が得策です。諦めるというのは、極めるという意味もありますので、なんか、崇高な感じがしますよ。

親にわかってもらおうとすると、ズレをピッタリと埋めたくなり、母親に執着してしまい親の思惑通りに支配された状態を定着させてしまいます。

余分なエネルギーも使い、疲れちゃうので、自分の感覚からもズレてきます。つまり、自分の思いや感じていることがわからなくなってくると言うことなんです。

私も含めて、親の言動に感情が乱される感じがしますよね。嫌な感情の虜になってしまうので、身動きが取れない感覚になってしまいます。母親が娘の心を支配するエネルギーは凄いものです。そのエネルギーを娘に注目するのではなく、母親自身の人生をより豊かにするために使ってもらいたいものです。(笑)

そこで、親とは、距離を取り自分の感覚を取り戻しましょう。親の言動や態度は、客観的事実にだけ注目していきます。

私の場合、母が施設でお世話になっていた頃は、「洋服を買いたい」と言う時は「洋服を買いたいと言っている母」という客観的な事実にだけに目を向けます。

たまたま、私の場合介護タクシーが利用でき、電話で予約をするだけで洋服屋さんまで連れて行って下さり、買い物が終わるまで待機し、また施設まで送って頂けるので、「はい、はーい」と「買いに行こうね」と言えましたが、もし、それができない場合は、「洋服買いたいね」だけでいいんですよ。

そこで、叶えることができなくても罪悪感は必要ないんです。

親が言っていることを客観的に、私の母はその頃83才でしたので、「83才の女性が○○と仰っている」と言った感覚です。53才の母親なら「53才の女性が○○と仰っている」です。

一瞬冷たい感じがすると思いますが、母娘で悩んでおられる方は、母親との心の距離が近すぎるんです。密着しているといっても過言ではないんですよ。一人の女性とまるで他人の感覚で思っていた方が、バランスの取れた距離間になって支配から自由になっていきます。

他人の女性だと、客観的に見れて優しい言葉をかけられるでしょう。その感覚で、シンプルに客観的事実だけを捉えていきます。

それでも、距離がとれないよー。という時は、FAP療法で親と心の距離を取ることが可能になっていくと思いますので、ご紹介させて頂きますね。親の支配から自由になって、自分の思う人生を歩んで下さいね。

==================================================

シャンティISAでは『FAP療法で自分の感覚を取り戻し、生きやすい人生!』を目指すと共に婚活のサポートをさせて頂いております。自分の感覚だと思っていても、親(母親)の支配や影響を受け、親の思いや感覚を自分の感覚だと感じている場合があります。親の影響から自分の感覚を取り戻し、自分らしく自分軸で人生を歩むお手伝いを致します。

【 FAP療法 】   詳しくはこちら

婚活が時期ではない方も「自分らしく人生を生きる」ためのサポートをさせて頂いております。お気軽にお問い合わせください。

          お問い合わせはこちら