人は、それぞれ価値観が違いますから自分の気持ちや思いをわかってもらえないと孤独を感じるものです。

孤独を強く感じた時、心のポッカリと開いた穴のようなものを埋めたくなりますが、その穴を埋めるために結婚したいなぁと思う時は「待ったぁ」をかけて下さいね。

私は、孤独を強く感じて潰されそうな日々を過ごしていたのですが、今は、孤独を感じることなくワクワク楽しい人生を送っています。

結婚生活が上手くいっているからなのかと、振り返ってみたのですが「結婚」=「孤独を感じない」のではありませんでした。

「一人でも大丈夫よ!」と思えた時、寂しさや孤独を埋めるための結婚ではなく、より一層人生を楽しむための結婚に繋がったように思います。

私は、離婚を経験していますので、その違いをよく感じます。最初の結婚では、寂しさを埋めたいという目的でした。その結果、相手に強く「私のことをわかって」と、求めてしまいました。

寂しさは、人に埋めてもらおうとすると、分かり合えない現実を見ることになり、より孤独を感じてしまうんですね。

他者に埋めてもらうのは、価値観の違う者同士ですので、無理難題となる訳なんですね。自分の気持ちは、自分でわかってあげる方がいいみたいですよ。

自分を理解し、自分に優しくなれる時、誰かに埋めてもらう必要がなくなり強みになります。

わかっていても自分に優しい言葉をかけてあげられない時、自分で埋められない時は、もしかすると親の支配のような影響があるのかもしれません。

私たちは、ミラーニューロンの作用で親のように身近な存在の方の脳と繋がってしまうことがあります。

【ミラーニューロンとは】
ミラーニューロンとは、相手の行動を見て、自分自身までも同じ行動を取っているかのように反応する、人間の脳内の神経細胞の一つです。イタリアのジャコモ・リッツォラッティらによって1996年に発見されました。

親の影響を受けてしまい、親の価値観やミラニューロンの作用で「寂しさや孤独」までも自分の思いであると錯覚し、一心同体のように自分の感覚になってしまう親子(特に母娘)があるんです。私がそうでした。

そりゃ、純正かつ素直な子どもの時期に一緒に生活していたわけですから、影響を受けて当たり前なんですが、親の気持ちを察しても解決にはならないんですね。

そこは、育てていただいたことに感謝をし、自分の人生を自分の感覚で歩んでいき、親の期待に応えるのではなく、無理のない可能な限りのサポートしていけるといいですね。

自分の「孤独や寂しさ」だと思っていたものが、自分の感覚ではなく親御さんの「孤独や寂しさ」を自分の感覚だと感じている場合は、とっとと解消しちゃいましょう!

そこで、FAP療法(Free from Anxiety Program : 不安からの解放プログラム)の登場です。FAP療法は、自分の感覚だと思っていた感覚が、親の感覚と一心同体のように感じている場合、シャットアウト(親との距離が取れるようになる)できる効果が見られています。

ポイントは、自分の感覚であれば恒常性という心理作用が働き、心はバランスを取ろうとし、落ち着いてくるんです。

自分の感覚ではない時、気分転換と思っていろいろやってみても、気持ちは寂しく孤独で落ちつかないのです。

自分の感覚でないものは、どうにも解消のしようがないので変化が見られないという訳なんですね。

もし、とっても孤独を感じてしまい休んでも気分転換をしても落ち着かない時は、「自分の感覚ではないのかも?」と疑ってみて下さいね。

そう思ってみた時、少しでも気持ちが楽になれば、それは親御さん、あるいは身近な他者(職場の人間関係でもあります)の孤独を感じている可能性があります。

「自分の感覚ではない」という場合は、次の暗示を心の中で唱えてみて下さい。(簡単なことなので、何でもやってみてね)「心よ。この感覚、私のものではないので、オリジナル(元という意味で)にお返し下さーい」

これは、FAP療法の「心に聞く」という方法です。詳しくはこちら

それでも落ち着かない時は、より深いFAP療法で解消しちゃいましょう!

==================================================

シャンティISAでは『FAP療法で自分の感覚を取り戻し、生きやすい人生!』を目指すと共に婚活のサポートをさせて頂いております。自分の感覚だと思っていても、親(母親)の支配や影響を受け、親の思いや感覚を自分の感覚だと感じている場合があります。親の影響から自分の感覚を取り戻し、自分らしく自分軸で人生を歩むお手伝いを致します。

【 FAP療法 】   詳しくはこちら

婚活が時期ではない方も「自分らしく人生を生きる」ためのサポートをさせて頂いております。お気軽にお問い合わせください。

          お問い合わせはこちら