上手くいかない時の気持ちの切り替え方法は、一つでも多くあった方がお得ですので、その一つとして新しい方法をお伝えしすので、面白そうだと思われたら試して下さいね。

「遺伝子コードを唱える」という方法です。これは、楽々婚活のために活用するといいのではないかと思いました。

以前は、遺伝子は変えられない宿命みたいなものと思っていましたので、全く興味のない分野でしたが、どうも違うようです。

FAP療法に出会ったきっかけから、遺伝子コードにはオン・オフがあるということを知りました。

「遺伝子コードのオン・オフなんて怪しい」と思われるかもしれませんが、科学的にも遺伝子コードのオン・オフがあることが証明されていてNHKスペシャルで紹介されていました。

【その内容は】

遺伝子には、身体の各部分、目、耳、血液、心臓、肺、脳など体を作るための設計図が示されています。それ以外にも持久力、病気の予防、若返り、記憶力アップさせたりと様々な情報が書き込まれています。

その設計図が、どの程度読み取られるかによって、体質や才能などが決まるそうです。

その設計図の読み取りをコントロ-ルするのが、2%の変えられない遺伝子と、それ以外の98%だそうです。

98%の遺伝子にはオン・オフがあり能力が発揮できるのは、このオン・オフに関係していることが分かっているのです。

ある一卵性双生児のケースで分かってきたのでのが、同じ遺伝子を持つ双子なのにお一人は乳がんを患ってしまい、何故か?ということを調べていきました。

わかったのは、乳がんは母乳を作る乳腺で細胞が異常に増殖することによるのだそうです。

病気の予防の遺伝子がオンの場合、RNAポリナーゼという読み取り機のような作用が走ることで「細胞が異常に増殖し始めてるよ」とキャッチし、その情報から抑える物質が作り出されます。

身体って、ほんと凄いですね!

オフになっていると、DNAメチル化酵素が磁石のような物質を放出し読み取ることができなくなります。

遺伝子コードのスイッチは、2万個以上もあると考えられ、スイッチのオン・オフにより様々な影響が身体と心に現れてくるようです。

病気を予防してくれる遺伝子コードはオンがいいのですが、ちょっとしたことで不安を感じてしまうとか、母親が気になって頭から離れない、ストレスを感じやすいなどと言ったことに影響があるであろう遺伝子コードはオフの方がいいですね。

オフだと心は、凪のように静かなイメージです。

そこで、FAP療法の開発者大嶋信頼先生が応用されている具体的な方法ですが。

遺伝子コードに還元(元に戻すという意味)という言葉を入れて7回ワンセットにして唱える方法です。

この方法は、科学的に脳波を計るなどをして証明されていませんが、クライエントさんが元気になったり、良い状態に変化されることから効果は現れているようです。

私も、上手くいかない時などは日常でどんどん取り入れて、気持ちの切り替えスイッチにしています。私は、かなり効果を感じている一人です。

一方、遺伝子コードを唱えるというのは、科学的なデータはありませんので、一つの暗示効果と見ていくといかがでしょう。

物事の悩みは、考え過ぎることからおきています。過去の経験から、まだ起きていない未来のことを心配し「どうしよう」と不安になったり、焦ったり。

今、この瞬間に集中することができれば、悩みは限りなく減り、やがては悩まなくなっていきます。

そこで、気になることがあると、とにかく遺伝子コードを唱えてみるというだけで、気持ちが不安や焦りから解放されていきます。

問題点から離れることにより、客観的に見ることができるようになるというわけです。そのきっかけに遺伝子コードを唱えてみます。

婚活を行っていくと上手くいかない時もあると思います。不安になったり、焦ったりした時は、感情に翻弄される前に気持ちの切り替えとして。

【遺伝子コードのご紹介】

「自分へのダメ出し」が止まらなくなったら「MAPT(マップティー)の還元を7回ワセット」にして、何セットか唱えてみます。

私の場合「ダメ出し」することがなくなり、今ではたまに出て来たなという時に唱えていますが、最初の頃は、毎日思いついた時には唱えていました。2~3週間位は唱えていたと思います。

言葉にしても心の中で唱えてもどちらでもOKですが、目を開けて唱えた方が、雑念が入らずにおススメです。

婚活では、母親との関係性がストレスになる方が多くいらっしゃいますので、そんな時の遺伝子コードは

母親のことが頭から離れない、母親や他者と距離間が取りにくい時などは「MAPK1(マップケーワンあるいは、エムエーピィーケーワンと唱えても、呼びやすい方で大丈夫です!)の還元×7」「HMOX1(エイチモックスワンあるいは、エイチエムオーエックスワン)の還元×7」「PYY(ピーワイワイ)の還元×7」など

いつでも、どこでも唱えられるメリットがあります。

コードには、合う合わないがあるのですが、唱えて良くないというものはありませんので、安心して試して下さいね。

効果が現れやすい自分に合った遺伝子コードは、7回唱えるとフッと気持ちが楽になったり、感覚的に何となくわかる感じです。

親と性格が似ていたり感覚が似ているという場合、遺伝子の影響は2%だということですので、遺伝よりも親が表現する言葉を耳にしてきたことから影響を受けるのだと思います。

遺伝だと思うと諦めてしまいます。98%は変えられる可能性があるということですので、気持ちの切り替えと共に、試して下さいね。

==================================================

シャンティISAでは『心軽やかに、人生を楽しむ!』ことを目指して婚活のサポートをさせて頂いております。自分の感覚だと思っていても親や他者の影響を受け、本来の自分の感覚を見失っている場合があります。周りの影響から自由になり「自分らしく人生を楽しむ!」お手伝いをさせていただきます。

【 FAP療法 】   詳しくはこちら

婚活が必要ではない方も、お気軽にお問い合わせください。

          お問い合わせはこちら