前回のブルグでは、母娘の関係性では、幼少期の環境で親の裏のメッセージを受け取り、環境に適応するための生き方を選択し、その後の人生脚本を描き、描いた脚本通りに生きていくお話をさせて頂きました。今回は、描いた人生脚本を自分らしい楽しい人生に書き換えるための準備について書かせていただきます。

自分らしく生きることができれば、人生楽しいものです。親の期待に応えようとして、自分らしくない人生は疲れやすいものです。楽しく疲れにくい人生を私は、推奨しています。(笑)

交流分析(創始者  アメリカの精神科医エリック・バーン氏)のいう人生脚本は、幼少期に基本を身に付けて、そこから描いていますので、無意識さんが大いに関係してきます。子どもの頃に受け取ったメッセージは、肯定的なものであれ、否定的なものであれ影響があるものです。

大人になって、わかってもすぐには変えられないものです。というより、「変えられなーい。性格だから無理」と思い込んでいる、というより親から「思い込まされちゃった」という方がピッタリなのかもしれません。

子どもの頃は、判断力はまだありませんので、例えば、親からのメッセージとして「何をやってもダメで、どんくさい子」というメッセージを感じ取ると、子どもはそう思ってしまいます。

子どもの頃に親がダメだと判断したことって、案外大したことではないんです。

コップのお水をこぼしたとか、夕食を食べていて汚したとか、洋服のお着換えに時間がかかっただけとか、大人になれば着替えに時間がかかるなら、その分、余裕を見て準備すればいいですし、コップのお水は自分で拭きますよね。

子育ては大変ですが、親の心に余裕があれば「ありゃりゃ」と流せることなのですが「ダメな子」や否定的な言葉をかけられたり、親の態度からメッセージを受け取っただけなんです。

その頃に言われたことはまるで催眠術にでもかかったように、無意識さんにしっかりと入ってしまいます。

催眠術を解くにはやはり催眠なんです。人を操作する催眠術ではなく、無意識さんを自分の味方につけるリラクセーションで催眠術を解いていきましょう。否定的な感覚を身に付けた場合、人より緊張度は高くなっていますので、リラックス状態を実感していきます。

もう一つ、催眠がポイントになるのは、成長する過程において、クリティカルファクターといった膜が脳にできると言われているからです。その膜は、だいたい8才頃からでき初めて、個人差がありますが、13才頃までにできると言われています。

この膜は、重要で何でも鵜呑みにして、騙されたりと大変な目に合わないように自分を守ってくれています。この膜のお蔭で、自分の考えに合っているのか?必要のない情報なのか?を振り分けてくれて自分に必要な情報を取り入れていく役割があります。

子どもの頃に、無意識さんが自分への否定語を受け入れてしまうと、意識して自分のことを肯定的に変えようと思っても、大人になると膜ができていますので、言い聞かせてもなかなか変えられないんですね。

この膜が緩んだ状態が、催眠状態です。

何も特別な状態ではなく日常のなかでも体感しています。

〇お風呂の湯船に浸かってのんびりしている

〇夜ベットに入り、眠りにつく少し前のウトウト状態

〇電車の座席で「ガタゴトン」と揺られてウトウトしている状態

〇時間を忘れる位、ドラマや映画に集中している状態

このように、リラックスしていてまだ少し意識が残っている状態や、集中している状態の時なんです。

第一段階は、心地良いリラックス状態を体感していくことなんです。何気なく湯船に浸かったりベットに入るのではなく「ああー、気持ちいい」と、リラックスしている感覚を実感して下さいね。それだけでも、ストレスの解消になりますし、一日の疲れが取れて心の余裕が持てるようになっていきます。

リラックス状態は、クリティカルファクターの膜が緩んでいる状態ですので、簡単に自分のイメージを描き替えるポイントになります。クリティカルファクターが緩んでいる状態では、脳は現実とイメージを区別しないんです。

イメージしたことが現実と受け止める性質がありますので、このような状態の時に、自分が理想とする状態のイメージや暗示を入れていきます。段階にわけて設定していきますが、長くなってきましたので、次回にイメージや暗示について書かせていただきます。

まずは、ベットに入ったら一日を振り返って「些細なこと」で十分ですので、上手くいったことや楽しいこと、いい感じと思ったことなどを思い出して下さいね。

脳の無意識さんが活性化している状態では「些細なこと」と判断しないので、単純に「楽しい、いいこと」を思い出すだけで「楽しかったんだね」と受け取ってくれるんです。単純に「いいこと探し」を行いながら眠りに入ると、それだけでも人生好転していきますよ。無意識さんをどんどん活用して下さいね。

今の時代は、エネルギー的にも超簡単な方が上手くいくんです。簡単なことで、人生脚本を描き替えちゃいましょう。次回は、具体策について つづく・・

==================================================

シャンティISAでは『FAP療法で自分の感覚を取り戻し、生きやすい人生!』を目指すと共に婚活のサポートをさせて頂いております。自分の感覚だと思っていても、親(母親)の支配や影響を受け、親の思いや感覚を自分の感覚だと感じている場合があります。親の影響から自分の感覚を取り戻し、自分らしく自分軸で人生を歩むお手伝いを致します。

【 FAP療法 】   詳しくはこちら

婚活が時期ではない方も「自分らしく人生を生きる」ためのサポートをさせて頂いております。お気軽にお問い合わせください。

          お問い合わせはこちら