これからの時代のキーワードは「こひしたふわよ」と、スピリチュアルカウンセラーの並木良和さんが仰っているお言葉ですが、この感覚で人生(お仕事、結婚、人間関係)を選択すると上手くいくなぁと思っています。

「こひしたふわよ」の意味をお伝えすると

こ・・・心地良い
ひ・・・惹かれる
し・・・しっくりくる
た・・・楽しい
ふ・・・腑に落ちる
わ・・・ワクワクする
よ・・・喜びを感じる

こんな感覚で仕事も人間関係も婚活もできれば、人生楽しいですよね。

「そんなこと無理でしょう」って思ってしまいますよね。

これは、親から学んだ価値観の影響のように思います。昭和の時代は努力しなければならない時代でしたので、親の価値観を子どもに教えるのは自然なことです。その世代の親御さんは「苦労と努力をして成し遂げる」と言った感覚があると思います。

かといって親は、そのまた親の影響を受けて「耐えて、努力する」となっていますので、さらにご先祖様をさかのぼっていくと、何があるの?となった時、その答えは並木氏によると「元は、地球の周波数」ということなんですね。

この地球が持っている周波数であるならば、地球に産まれることを選択した自分自身の責任なのかもしれませんね。(笑)

自分で選択したなんて「バカなこと」と思わないで下さいね。私達は、忘れてしまっているだけで、全て自分の選択だそうですよ。

周りが起こしていることなら、どうすることもできませんが、自分の選択だとするならば選択肢を変えればいいだけなんで、上手くいかないことがあっても何とができる道が見えてくるということです。

「地球の周波数」とするならば、誰が悪いというわけではありませんので、親が悪いわけでも社会が悪い訳でもないんですね。

「地球の周波数」といっても、これは今までの周波数なので、今後大きな転換期を迎え、軽ーい周波数に移り変わっていくそうです。

軽い周波数に変わっていくわけですから、私達も軽い周波数でないと変化の波に乗れないということにもなってきちゃいます。軽い周波数は高い周波数でもあります。重いと下に下がっていきますが、軽いと上に浮き上がるイメージですね。

この軽やかな周波数の波に乗りたいものです。

まずは、今世、産まれてから今日までの間に身に付け記憶の中にある重たーい感覚を手放していきます。

重たいというのはイメージで、具体的には「罪悪感、批難、批判、苦労、努力、自己卑下」「キャー(笑)」なんか重い感じがしませんか。

それを先程ご紹介しました「こひしたふわよ」に切り替えていくということなんですが、重たいイメージを手放し外していかないと軽やかな「こひしたふわよ」の選択は難しいですよね。

批判、批難している状態では、しっくりくるものは見えて来ないでしょうし、ワクワク楽しい感覚も感じ難いですよね。

私は、産まれてから重たいイメーシに取り囲まれて「こひしたふわよ」で選択するのは、難しい一人でした。

主人が並木氏の「こひしたふわよ」の生き方に興味を持ち、勧めてくれましたが「無理」だと思いあまり関心を示しませんでした。

その頃は、過去の「トラウマの解消」に関心が向いていました。FAP療法(Free from Anxiety Program(不安からの解放プログラム))で、心の傷「トラウマの解消」を行い、母からの支配に気付き、程よく距離を取り、自由になるに従って、少しずつ重いイメージを手放していけるようになっていきました。

その時、ふと気付く「こひしたふわよ」で選択できるようになっていました。(もちろん、発展途上で「統合」を目指している途中です)

トラウマとは、まだよく状況が理解できない幼少期に、親の関わり方などで、傷ついてしまい、親の事情はわかりませんので、ショッキングだと感じ、感情が整理されず、感情と記憶が統合されないまま無意識のなかに嫌な感覚だけが残っている状態のことです。

大人になり傷ついたと感じた状況と同じような場面(似たような相手)に出会った時、嫌な感覚が再上演されてしまい逃げたくなり、ますます状況をちゃんと見ることができず、解決されないまま諦めてしまうことが多いです。

今、お伝えしたいことは「トラウマの解消」を行い、重いイメージを解放し外してからの方が「こひしたふわよ」で選択しやすくなるなぁと感じています。

「トラウマの解消」が必要ない方は、どんどん「こひしたふわよ」で選択して人生を楽しんでいただいて、「こひしたふわよ」の選択が難しいと思われる方は、ピンポイントで重いイメージを解放してからの方が上手くいくと思いますよ。(^^)

==================================================

シャンティISAでは『FAP療法で自分の感覚を取り戻し、生きやすい人生!』を目指すと共に婚活のサポートをさせて頂いております。自分の感覚だと思っていても、親(母親)の支配や影響を受け、親の思いや感覚を自分の感覚だと感じている場合があります。親の影響から自分の感覚を取り戻し、自分らしく自分軸で人生を歩むお手伝いを致します。

【 FAP療法 】   詳しくはこちら

婚活が時期ではない方も「自分らしく人生を生きる」ためのサポートをさせて頂いております。お気軽にお問い合わせください。

          お問い合わせはこちら